iPhoneXのカメラで背景と被写体を区別して光で遊べるエフェクト機能が搭載

iOS10以降標準搭載されているカメラ撮影時のエフェクト機能。具体的には被写体と背景にそれぞれ違う特殊効果をつけることで、エフェクト効果を上手に活用すれば写真に慣れていないユーザーでも手軽に雑誌のグラビアのような写真を撮ることができます。iPhoneXで利用できるカメラのエフェクト機能についてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneXのカメラでエフェクト機能を利用すると……

エフェクトとは日本語で「効果」という意味になります。iPhoneXのカメラでエフェクト機能を利用すると被写体のみをくっきり映すことができ、まわりの背景にはピントを合わせずにあえてぼかすことができます。エフェクト機能を使うと被写体の美しさをよりくっきりと際立たせることができ、アマチュアでもプロが撮影したような凝った写真を簡単に撮影することができます。エフェクト機能を使うにはある程度の明るさのある場所で撮影を行う必要があり、また、被写体にあまりにも近づきすぎると画面に注意メッセージが表示されます。以上の注意点を守って、iPhoneXのエフェクト機能を効果的に使いましょう。

エフェクト機能で撮影したい!プロ顔負けのグラビア風写真

せっかくiPhoneXでエフェクト機能を使うからには、それに見合うだけのクオリティの高い写真を撮影したいところです。最新のエフェクト機能を存分に活かせる構図といえば、やはり料理の写真でしょう。手前に撮りたい料理を置き、そのむこうの背景をエフェクト機能でぼかすことにより被写体である料理のおいしさを最大限に引き立たせることができ、雑誌のグラビア風の紹介写真にすることもできます。また、観光地で奥の風景をあえてぼかし、手前の被写体をエフェクト機能で際立たせることにより旅行の非日常感が何倍にも際立ち、あとで見返した時にもより強く印象に残ります。日常の何気ない風景でも特別なものに変えてくれるエフェクト機能をぜひ、iPhoneXで思う存分満喫してください。

iPhoneXに標準搭載されたエフェクト機能を上手に使えば、日常のありふれた光景を非日常感たっぷりに演出することができます。特別なテクニックも、高度な知識も必要ありません。一度流れを覚えれば誰でも手軽にワンタッチでエフェクト機能を利用でき、雑誌のグラビア風のプロフェッショナルな写真を撮れるようになります。旅行先で想い出に残る風景をカメラにおさめるもよし、日常のふとした瞬間を幻想的に演出するもよし。それぞれのやり方でエフェクト機能を楽しみましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ