なんとiPhone7sに向けて10種類の試作品を検討中?!

2017年は初代のiPhoneの発売から10周年ということもあり、この秋発売されるiPhone7sについては、機能や新デザインへの期待がますます高まっています。そんななかApple社では、そのiPhone7sの販売に向けて、なんと10種類もの試作品を検討しているという情報が出回っています。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  なんとiPhone7sに向けて10種類の試作品を検討中?!

複数のサプライヤーにiPhones7sのディスプレイの製造を依頼?!

まず、アニバーサリーイヤーのプレミアムモデルには、プレミアムにふさわしいディスプレイとして有機EL(OELD)が採用され、さらにこの有機ELは強度耐性が強く、湾曲などの変形が可能な曲面有機ELになるのではないかと言われています。そして現在、そのOLEDディスプレイの製造は、サムスンやシャープの名前が候補として挙がっているようですが、実際Apple社では複数のサプライヤーへ試作品の提供を依頼しているらしいのです。Apple社と取引のある複数のサプライヤーから明らかにされたところによると、従来より薄型のOELDディスプレイの増産およびサムスンが自社のスマートフォンに採用しているOLEDディスプレイよりも解像度の高い試作品の提供を求められているということです。Apple社が目指すものとして、特にサムスン製より上質なものをという意向があるようで、そのことはiPhone7sに反映される可能性がおおいにあると言えるのではないでしょうか?さらに、複数の関係者によると、OLEDディスプレイはiPhone7sのバリエーションのうちの一つに採用される可能性が高く、その製作コストを考慮したうえで販売価格が検討されているので、おそらく他のモデル(OELDを採用しないもの)よりは、販売価格を高く設定するであろうということです。

iPhone7sはサムスンのOLEDを採用する?

さまざまな憶測が飛び交うiPhone7sの10種類の試作品、このなかには勿論OLED採用モデルが含まれているのですが、必ずしもOELD採用モデルを販売するとは限らないようなのです。ちなみにOLEDの製造コストについては、近頃レアメタルを利用しない新型のOELDの研究開発が進んだ結果、従来よりも安価に製造できるようになったため、本格的ではないものの大量生産が可能になりつつあります。iPhone7sでの採用が濃厚となっているOLEDのサプライヤーとして、有力候補と注目されているのがsamsung社です。ただし、samsung社では自社のGalaxyにもOELDディスプレイを採用しているため、供給が追いつかないのではと懸念されています。またサムスンの独占にするのではなく、他のサプライヤーとも競合させて、さらに安く良質なOLEDを製造させてiPhone7sの価格も抑えるというApple社の狙いもあるかもしれません。

いずれにしても、iPhone7sの試作品を10種類にするという構想自体はあるようです。iPhone6からiPhone7の変更はあまり多くなかったので、やや新鮮味に欠ける、一部のユーザーはがっかりした印象もあったかもしれません。そういったなか、いくら試作品とはいえ10種類という数字にはApple社の新製品に対する意気込みが感じられます。これから発売予定のiPhone7sはプレミアムな製品としてその存在にふさわしい、新素材を採用した新型モデルで登場するであろうという期待がますます高まりますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ