本当かどうかは別として、iPhone7sの予測画像から読み解く新情報のまとめ

Apple社にとって初代iPhoneの発売から10周年の記念すべき2017年も半ばを過ぎ、いよいよiPhone7s正式リリースの発表が待たれますが、SNSをはじめとする様々なインターネット上のリークも大概流出しきった感もありますね。ここで一息というわけで、今までの情報をまとめてiPhone7sの実態に迫ってみましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  本当かどうかは別として、iPhone7sの予測画像から読み解く新情報のまとめ

デザインはアニバーサリーにふさわしく一新?

iPhoneなどiOSデバイスのコンセプトデザインを公開しているサイト「ConceptsiPhone」が公開しているのは、金属フレームをガラスで挟むデザインで、カメラは縦向きについておりデュアルレンズです。ディスプレイは多くの予測通りべゼルフリーで左右の端まで表示されるようになっていますが、ホームボタンがないため最下部はタッチ操作可能な仕様になっています。「ConceptsiPhone」が公開しているもう一つのパターンは、アウトカメラがなんとAppleマーク内に移動したもの!これは斬新ですが、バッテリーのスペースを考えるとちょっと現実的ではなさそうです。尚、YouTubeには5.8インチのジェットブラックとホワイトカラーのiPhone7sの動画がアップされています。素材は高強度で軽く熱にも強いジルコニアセラミック、ホームボタンが完全にディスプレイに統合され、フラットな仕上がりになっています。さらにSmart Connectorを使用したワイヤレス充電機能も搭載されています。中国最大のSNSであるWeibo(微博)に搞机小盒子氏がアップしたiPhone7sのカラーは現行と同じようです。こちらの予測も「ConceptsiPhone」と同様に左右べゼルフリーでホームボタンをディスプレイに統合しています。こちらで特徴的なのは、スピーカーの穴の形状です。スリープボタンやボリュームボタンが出っ張っていないので、埋め込み式のようです。

べゼルフリーやホームボタン廃止はほぼ確実?!

「EverythingApplePro」でアップされている画像でもフレームをガラスで挟むデザインで、一見するとものすごく薄く見えるのですが、フレームが薄い分ガラスには厚みがあります。様々なデザイン画の公開で実績があるMoe Slah氏が作成したiPhone7sは、ディスプレイのみの紹介でしたが、べゼルフリーでも左右のみではなく下部まで表示が可能なデザインとなっています。上部もスピーカーやインカメラをギリギリまで上にして表示範囲を広くしています。ちなみに、最下部には指紋認証やコントロールセンターなどの機能を搭載するようです。サイズは5.8インチのOLEDディスプレイとしています。(ただ、iPhone7Plusと同サイズで左右下がベゼルフリーデザインとして単純に計算すると6インチ以上になるので誤りと思われます。)最後に、ページがオフィシャル風な「Handy Abovergleich」で公開されている情報です。こちらも他と同様べゼルフリー、画面の最上部に時計表示がなされ、一番下にホームボタン以外の機能も追加されています。こちらで紹介されているカラーバリエーションですが、ベースをブラックまたはホワイトとし、フレームのカラーが変わるようです。画像で確認できる限りでは「ブラック×シルバー」「ブラック×ゴールド」「ブラック×ブラック」「ホワイト×シルバー」「ホワイト×ローズゴールド」などがあります。さらにiPhone7s Proの場合、iPad Pro同様Apple Pencilに対応するようです。

予測もある一定の方向性(べゼルフリー、金属フレームをガラスで挟む構造等)にかたまってきているような気がしますね。発売日が近づくにつれて、リークされる情報がますますiPhone7sの実像に近づいていくと思われます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ