ハンズフリー機能はiPhoneXに搭載される?

ハンズフリーの機能はあらゆる行動の制限を受けなくなるので非常に重宝されるものなのですが、近々登場する予定のiPhoneXにはこの機能は搭載されるものなのでしょうか。気になるところではありますが、今までのハンズフリー機能を検証しつつ確認していきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今までのiPhoneでハンズフリーにする方法について

iPhoneをハンズフリーで通話する方法は主に二つです。それは純正品のイヤホンを使ってハンズフリー機能を堪能するか、iPhoneで使えるハンズフリー通話用のマイクを購入して使用することです。後者については知っている人もかなりいるのですが、前者については知らない人が結構いるようなので、まずはそちらを先に紹介します。

これを知らない人はかなりいるのですが、iPhone5以降に実は純正イヤホンが登場しておりそれを使うことで問題なくハンズフリーを堪能できるようになっているようです。純正品だけあってiPhoneやiPadと一緒に使うと隠し機能を使えるようになっていると言われております。

iPhoneXも基本はこの2つのやり方になると推測されていますので、純正イヤホンかiPhoneに対応したハンズフリーの通話マイクを用意すれば解決と言えるでしょう。

純正イヤホンについて

先ほど紹介した純正イヤホンですが、実は普通のイヤホンとは違いかなり多機能です。イヤホンなのにハンズフリー機能がある時点で通常のイヤホンとは違うということがある程度推察できていたと思いますが、それ以外にも様々な機能があります。

ちなみに、なぜイヤホンなのにハンズフリーができるのかというと、リモコン部分にマイクが付いているのでイヤホンを付けたまま通話ができるのです。イヤホンマイクのリモコン部分をよく見てみると解るのですが、マイクのマークがしっかり描かれています。

また、着信時にセンターをタップすることで通話開始を行うなどのコントロールも可能なので、覚えておきましょう。イヤホンを使って音楽を聴いている時に着信があった場合、必ず使う機能となります。また、センターを2秒間タップすることで保留状態にしたり、着信中にセンターを2秒間押すことで着信拒否にもできますのでおススメです。

イヤホンなので音楽や動画のコントロールができます。音楽をコントロールしている人は多いですが、動画再生時にも有効なので覚えておくと役立つ場面も多くなるでしょう。

内蔵スピーカーは使えるだろう

外部危機を使わないでハンズフリーにする方法は内臓スピーカーを使うことでしょう。この機能は今までのiPhoneでほとんど搭載されている機能ですので、iPhoneXにも搭載されること間違いなしです。ただし、スピーカーとして使うということは周囲に入る方々に会話の内容が漏れるということは認識しておいてください。

実際に使うシーンとしては車の運転中とかでしょうか。ヘッドセットを使えば運転中でもハンズフリーにすることも可能ですが、一部の都道府県では条例で禁止されているとのことですので、車の運転中にハンズフリーを利用するならスピーカーが一番安全でしょう。

iPhoneXでもスピーカー機能は確実に搭載されるでしょうから、限られた空間で奈良ハンズフリーも問題なくできるでしょう。しかし、歩きながら他の人に聞かれないように会話をしたいという方は純正イヤホンかハンズフリーの通話マイクを購入するのが今のところのやり方となってしまいます。これらの外部危機はiPhoneX以外にも使えますので、試しに使ってみるのもいいでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ