Foxconnが筐体を開発中と噂のiPhone7sは全面ガラス?

次期iPhoneとうわさのあるiPhone7sのボディには、全面ガラスが採用されるようです。2017はiPhoneにとっては発売から10周年という記念すべき年ということもあって、そのプレミアムモデルはこれまでから一新したデザインになるのではないかとの憶測がなされてきました。さまざまな新しい機能搭載の情報の中でも、その大きな要素として考えられるのが、OLED(有機EL)ディスプレイの採用です。今までにもいく度もOLED(有機EL)ディスプレイの搭載についての情報は流れてきましたが、ボディデザインがガラス製になるかもしれないという今回のこの情報により、そのうわさが益々真実味を帯びてきたように感じられます。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  Foxconnが筐体を開発中と噂のiPhone7sは全面ガラス?

Foxconnがガラス製筐体の開発を進めている?

ここにきてまたどうして、ガラス製ボディがiPhone7sに採用される話しが浮上してきたのかというと、iPhoneの金属製筐体の大半を供給しているFoxconnが、iPhone7sに使用するガラス製筐体の部分についても開発を進めているようだ、との報道があったからです。

この報道の元となった事情に詳しい関係者によると、ガラス製筐体の開発をFoxconnは昨年より進めているらしいのです。これにより周囲の関係者の見方としては、FoxconnがiPhoneのサプライヤーとしての地位を確立させるためには、ガラス製筐体の開発に取り組むのは当然のことと考えてもいいだろうとの見解を述べているそうです。ちなみにFoxconnは取材に対してのコメントは拒否しているとのことです。

Apple社の目的はリスク回避? 

Foxconnはシャープを買収し、自社でOLED(有機EL)のパネルの開発を進めているようで、OLED(有機EL)パネルのサプライヤーとして現在有力視されているサムスンとの激突は避けられないのではないかとの予測がされています。

以前の報道では、2017年の次期iPhone7sに使用されるOLED(有機EL)パネルについては、サムスン製が有力であろうと報じられていました。しかし、Apple社としては、リスクを回避させるため、主要のパーツを複数のサプライヤーに分散させることにしたのではないかとしています。

またFoxconnとはライバル企業で、iPhone用金属製筐体のサプライヤーであるCatcher Technology社のCEO、Allen Horng氏は、2017年の発売するiPhone7sの中のひとつのモデルのボディは、ガラス製になると明かしたようです。それでもこのAllen Horng氏は、iPhone7sがガラス製になったとしても、iPhone7sに金属製のフレームは必要であることには間違いはなく、今回の決定があったとしても業績に影響を及ぼすことはないと語っているようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ