音楽だけなら任せろ! Apple Watchのみで楽しむ方法

Apple Watchでは音楽を楽しむことができ、再生するだけならiPhoneが近くになくても可能です。このページでは、Apple Watchだけで音楽を再生する方法をご紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

音楽を聴くには何が必要?

Apple Watchでは、iPhoneのプレイリストを同期し、Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーを使うことで、iPhoneが手元になくても音楽を聴くことが可能です。ランニングなどのスポーツ中や、iPhoneの電源がOFFになっているときでも、好きなときに音楽を楽しむことができます。

ヘッドホンやスピーカーをペアリングするには、まず本体の右にあるデジタルクラウンを押し、ホーム画面を表示します。「設定」→「Bluetooth」の順にタップするとペアリングできるデバイスを検索してくれるので、自分のヘッドホンやスピーカーをペアリングモードにしましょう。

実際に音楽を再生するには、ホーム画面からミュージックアプリを起動します。画面を強く押すと表示が切り替わるため、「ソース」→「Apple Watch」の順にタップしましょう。するとApple Watch本体のミュージックライブラリが表示されるので、あとはアーティストやアルバム、曲の項目から再生したい音楽を選択するだけです。

iPhone7とセットで注目!

いかがでしたか? Apple Watchを使うことで、iPhoneが手元になくても音楽を気軽に楽しむことができます。
iPhone7とApple Watch2は、同時期に発売されるのではないかという噂があり、音楽機能をはじめとするさまざまな機能の向上が期待されています。インドアやアウトドアに関係なく大いに活躍できるこれらのデバイスには、今後も高い関心が寄せられることが予想されますね。
興味のある方は、iPhone7とApple Watch2の新情報をチェックしてみましょう。

モノクロ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ