iphone7の感圧タッチはどういった機能なのか

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ホームボタンが感圧タッチになる利点

多くの情報からホームボタンは物理タッチから感圧式タッチに変更されるという予想が多くあります。ボタン強弱は指の力で決まります。感圧式になることで、アップルユーザーから要望が強かった防水性が高まります。防水機能に関しても決定している情報ではありません。ホームボタンの変更に関しては不満を抱いているユーザーも多く、タッチ強弱の感じを物理ボタンにより近づけるか、iphone7sから変更することが考えられます。

タッチパネルの不具合が起こったとしたらどう対応していくのかという意見もあります。物理ボタンは緊急時に必要なこともあるので何らかの対処方法が考えられていると思います。

そもそも感圧タッチとはどういったもの?
最新のMacBookには感圧タッチが搭載されています。実際に使ってみるとボタンの微妙な強弱を感知できるようになっています。住所を強めにクリックすると地図が表示されたり、ファイルアイコンを強めにクリックするとリンク先にジャンプできます。

iphone7にMacBookと同じ感圧タッチが付くという予想があります。感圧タッチがiphoneで導入されるころには今のタッチ式がより進化していくことが考えられます。感圧タッチは初めのころは違和感を感じるのですが、使っていく内に便利さを思い知ることになります。操作バリエーションが増加しタッチの強弱だけで、ほとんどのことが出来るようになります。iphone6Sの感圧タッチより感度のいい反応になってくれるとiphone7には期待しています。

帰り道

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ