あえて使ってみよう! iPhoneのSMS機能

iPhoneのメール機能は大きく分けて4つありますが、違いがわからないという方は多いのではないでしょうか? このページでは、4つのうちのひとつ“SMS”の特徴や魅力についてご紹介します。iPhone7を購入予定の方もぜひご覧ください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

メールアドレスの交換がいらない?

iPhoneに備わっているメール機能は、“SMS”、“MMS”、“iMessage”、“Eメール”の4つです。
そのうちのひとつ“SMS”は、iPhoneのメッセージアプリを通して送受信を行います。メールよりチャット形式に近く、画面をスワイプすれば過去の会話をチェックできるので、非常に便利で使いやすい機能といえます。

そんなSMSは以前まで“ショートメール”や“Cメール”と呼ばれていたもので、メールアドレスを知らない相手でも電話番号を知っていればメッセージを送ることが可能です。また、同じ携帯会社であれば無料でやり取りできるという点も嬉しいポイントとしてあげられます。
ただし、一度に送信できる文字数は70文字が限度で、タイトル・画像・ファイル・デコメなどは送ることができません。そしてSMS機能は3G回線を使って利用するので、利用するなら3G回線をオンにしておく必要があります。

ちなみに、4つのメール機能のうち、メールアドレスが必要ないのはSMSのみ。そのため、相手とメールアドレスを交換する目的で、まずSMSでやり取りするというのもよいかもしれませんね。

4つの機能をうまく使い分け

それぞれのメール機能により特徴や魅力が異なるので、場合によって使い分けるのがおすすめです。上記を参考に、ぜひ今後はSMSも利用してみてください。
これから発売されるiPhone7には、一体どのようなメール機能が備わっているのでしょうか。iPhone7の詳細発表が待ち遠しいですね。

街角

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ