“最強のセキュリティ”は過去の話 iPhoneもウィルスに注意すべし

iOSにはウィルスに感染しないためのかなり堅牢なセキュリティ対策が施されていますが、そのセキュリティを突破する事例が登場しています。iPhone7でもありうるウィルス感染には、どのようなものがあるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

実際にあった感染例

iPhoneをはじめとするiOSデバイスに施されているセキュリティ対策はかなり強固で、普通にインターネットを楽しんでいる程度ではまず感染することがありません。しかし、インターネット回線ではなく、USBケーブル経由で感染してしまうケースは十分に考えられます。

実際に多くの事例があるだろうとされているのが、Macからの感染です。流れは、Macがまずウィルスに感染し、USBケーブルで接続することでiPhoneにもそのウィルスが移ってしまうというもの。これを防ぐためには、Macのほうでもウィルス対策を万全にし、信頼のおけないMacとはつなげないことが大切です。

中国で多くのiPhoneユーザーを巻き込んだのが、App Storeを悪用したウィルス感染です。
iPhoneは通常、App Storeに公開された公式のアプリ以外をダウンロードすることができません。このおかげで悪意あるアプリのダウンロードを防止できているわけですが、そのApp Storeにウィルスの仕込まれたアプリが公開されていたのです。
該当のアプリは、日本でいうLINEのようなメジャーなアプリ。そのことから、ウィルスの影響の大きさがうかがえます。

iPhone7でもセキュリティには気をつけて

以上のように、堅牢なiPhoneのセキュリティも絶対的とはいえないのが現状です。自身の使い方で予防できるリスクもあるので、iPhone7を購入しようと考えている方も、今一度セキュリティについて考えてみてください。

マグカップ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ