よく入力する住所などを簡単に変換候補から出す単語登録の方法

iPhoneを使用していると、住所やメールアドレスなど同じような情報を入力する機会があります。そんな手間を省くのに役立つのが、”ユーザ辞書”機能です。ここでは、iPhoneのユーザ辞書の登録方法についてご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

“単語登録”で入力機能を簡単にカスタマイズ

単語登録を行えるユーザ辞書の設定は、ホーム画面にある”設定”アイコン、”一般”タブから設定します。“一般”タブにある”キーボード”の項目を選択すると、“ユーザ辞書”というタブがあるので、そこから簡単に単語登録をすることが可能です。

ユーザ辞書のページ右上にある+マークを選択すると、単語登録したいキーワードとそのよみを入力する欄が表示されるので、そこから登録作業に入ります。単語登録欄に登録したいキーワードを、よみの欄にそのキーワードのよみの文字を入力して設定は完了です。すると、よみの欄に登録したキーワードを入力した際に、単語登録欄に入力したキーワードが変換候補に表示されるようになります。
また、単語登録欄に好きな顔文字、よみ欄にその顔文字の任意のよみを登録しておくと、変換候補欄に登録した顔文字が表示されるようになります。友人とのやり取りなどで活用してみてはいかがでしょうか。

「単語登録をしたキーワードが、変換候補に表示されない」という場合は、一度登録作業をやり直してみましょう。メール記入画面やメモ画面などの入力欄で試すのも手です。

面倒な作業をスムーズにする

ユーザ辞書機能を使いこなせれば、面倒な文字の入力作業が簡単になります。iPhone6に続くiPhone7では、こうした入力作業をスムーズにする機能がさらに向上しているかもしれません。iPhone7や、その新機能の発表が楽しみですね。

よく入力する住所などを簡単に変換候補から出す単語登録の方法

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ