iPhone7の前にiPad Proの販売価格で比較

2016年の2~3月頃にiPhone6c、9月頃にはiPhone7の発売が噂されています。2015年の11月にはiPad Proも発売されました。ソフトバンク・docomo・auの3キャリアからもiPad Proが販売され、各種割引を利用して購入することができます。
そこで、今回はどのキャリアからiPad Proを購入するのが1番お得なのか比較してみました。

 

price-padpro_img_01

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンク(Softbank)

95点 ★★★★★

3キャリアの中で、唯一iPad ProのWi-Fiモデル(32G・128G)も扱うのがソフトバンクです。同時にcellularモデルの128Gも販売しており、価格は以下の通りになります。

price-padpro_img_02

au

75点 ★★★★

auのiPad Proラインナップは128GB cellularモデルのみで、価格は以下のようになります。

price-padpro_img_03

auの実質負担額はソフトバンクよりも120円ほど高くなるよう設定されています。

ドコモ

60点 ★★★

最後にもっとも実質負担額が大きくなったのはDoCoMoとなりました。

price-padpro_img_04

実質負担はソフトバンクよりも660円、auよりも480円高くなる計算になります。

それぞれのiPad Pro購入に対する実質負担額を並べると

ソフトバンク 7万3920円   au 7万4040円   DoCoMo 7万4520円

 

このような順位となりました。
僅か数百円の差ではありますが、ソフトバンクは少しでも他キャリアより価格を抑えることで、確かな差別化を図っているのではないでしょうか。
今後発売されるiPhone6cやiPhone7でも、今回のようにソフトバンクでの購入が最安となる可能性が高いといえます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ