iPhoneを紛失した際に見つかるようにする方法

ちょっとしたうっかりで、iPhoneを紛失してしまったという方は多いかと思われます。個人情報が詰まった端末を紛失してしまうことは、かなりの痛手になります。ここでは端末の紛失時に役立つアプリや設定について紹介します。iPhone7購入予定の方も必見です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7予測情報 >  iPhoneを紛失した際に見つかるようにする方法

アプリの設定を行うことで、紛失した端末の在り処が掴める

紛失した端末を探す方法のひとつとして、専用アプリを活用するという方法があります。“iPhoneを探す”というアプリを使えば、Apple IDとパスワードから端末の位置情報を調べることができます。友人の端末を借りるなどして協力してもらい、設定を行っていきましょう。

まず、“iPhoneを探す”のアプリをインストールします。ホーム画面から“設定”、“iCloud”と進み、“iPhoneを探す”の項目を選択します。ここから、“iPhoneを探す”機能をオンにすると、機能が使用できるようになります。Apple IDとパスワードを入力してサインインした後、“最後の位置情報を送信”という項目をオンにすると、紛失した端末の所在地がマップ上に表示されます。紛失した端末のバッテリーが万が一切れていた場合は、バッテリーが切れるまであった所在地が表示されます。

この機能はアプリからだけでなくWebでも使用することができます。Web版の機能を使用する場合は、iCloudにログインする必要があります。iCloudにログイン後、Apple IDとパスワードを入力し、“iPhoneを探す”という項目をクリックすると、アプリ版と同様にマップ上に端末の在り処が表示されます。

万が一の時のため、捜索機能を把握しておこう

いかがでしたか。万が一端末を紛失したときのために、捜索機能やアプリの使い方は日頃から把握しておくことが大切です。iPhone7では、こうした捜索機能がさらに向上し、より安全になっているかもしれません。iPhone7の発表に期待したいところですね。

iPhoneを持った男性

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ