iPhone7sを再起動させるには

iPhoneに関してはやはり精密機械ですのでむやみやたらな再起動は避けたほうが良いかもしれません。しかしながらトラブルが起きたときは再起動で解決することもあります。再起動および強制再起動の機能について知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

動作に不具合が出る

iPhone7sとは、今後発売が予定されているiPhoneにおける最新機種です。そのため、データ量も多くなっていますし、動作環境もより良くなっていることが考えられます。しかしながらこれまでのiPhoneと同じように動作が不安定である、遅くなったなどといったトラブルの可能性はゼロではありません。

ですので、iPhoneの動きが以前よりも少し遅くなった場合や、頻繁にフリーズするなどというiPhoneの動作が不安定になった、というような場合はiPhoneを再起動したほうがいいかもしれません。iPhoneの再起動においては、普通の再起動と、強制再起動という方法があります。ですので、その違いについても知っておきましょう。

iPhone7sを再起動するための方法

iPhoneを再起動する前には、ホームボタンを2回押してから、使用中のアプリケーションを落とすようにしましょう。その時、アプリケーションのデータが保存されていなければ、再起動とともにデータが消えてしまうリスクがあるからです。作業中のデータについては保存しましょう。

そして、ホーム画面に戻ってから電源ボタンを長押しします。長押し後、画面に赤い表示が現れます。その時に電源ボタンから初めて指を外し、それから赤い表示バーを右にスライドすると電源がオフになります。再度電源ボタンをプッシュするとAppleのロゴマークが表示されます。これが、いわゆる再起動の方法であり、iPhone7sにおいても同じ方法ではないかと思われています。

iPhoneの強制再起動には注意しよう!

もし、再起動もできない、すなわちiPhoneが何も操作を受け付けない場合は、強制再起動という方法があります。もちろんこれは正規の手続きでの電源オフではありませんので作業中のデータが消えてしまうという恐れがあります。

強制再起動する方法は、スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを10秒以上同時に押し続けましょう。そして、Appleマークが表示されたら、初めて指をボタンから離します。そうすることで強制的に電源を消すことができます。そしてまた再起動をしましょう。これを強制再起動と言いますが、これは機械のためには避けたほうが無難です。

iPhone7sの調子が悪い時は再起動をするという方法があります。この再起動には普通の再起動と強制再起動があります。再起動すらできないくらい動けない時に仕方なく行う、強制再起動という方法もあります。しかしながら、データも保存できませんし、データの安全性などを考えると、強制再起動は避けたほうが良いでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ