iPhone7sの設計図はもうでてる?

iPhone7sについては、2017年秋ごろから発売でないかと言われています。その設計図ができているのかどうか、どのような機能が搭載されているのか注目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの設計図とはどのようなもの?

iPhoneの設計図とは、文字通りどのような機種になるか、ということを機能の面でもデザインの面でも専門家によって設計して作られたものです。設計図を見ることで、どのような形のデザインか、どんな機能であるかがわかるようになっています。

iPhone一つ作るのに部品を供給している会社は世界中に多く存在し、そのような会社にも設計図が送られており、一部SNSでは、流出しているのでは?という懸念があるくらいです。

それだけ精巧なものを製造し、世に販売することは簡単なことではありません。そのため、早い段階からしっかりと設計図が作られており、それを試作して訂正している、などということが行われていると考えられます。

iPhone7sの設計図はできているのか?

iPhone7sはどれくらいの時期に販売されるかを予測することが、設計図ができているかどうかを判断する試金石になります。

これまでのiPhoneシリーズの発売ペースやiPhone7とiPhone7Plusの発売から考えていくと、だいたい2017年ごろ秋になるのではないか、と思われています。ということは、少なくとも夏には量産体制に入ると予測されていますので、もうすでにできているという見方が有力となるでしょう。

現に世界では、iPhone8の設計図がもう出来ているのではないか、と思われているくらいだからです。そのため、iPhone7sの設計図ができていると考えるのが自然なことでしょう。

iPhone7sの設計図はどうなってると予想される?

まずは、外見がスタイリッシュで画面が大きくなると予測されていますが、画面は従来のままかもしれません。iPhone7シリーズと同じようにイヤホンジャックはないという特徴があると考えられます。なぜなら、防水機能を高めるために、邪魔になるからです。さらには、ホームボタンがなくなるのではないか?と言われていますが、その信憑性は定かでありません。ホームボタンを廃止すればすべて画面で操作ができて便利です。しかしながら、いまだ技術的な問題をクリアしていない、とみられています。

そして、2017年に出ると予想されるiPhone7sの設計図からは、ワイヤレス充電ができるということもうかがえます。充電ケーブルが変わるという見方もありましたが、これもおそらく従来のままであろうと言われています。基本的に、デザインが大きく変わるということはありませんが、内部機能が充実してくるのではないか、というのがiPhone7sの予想です。

発売開始時期を予想してから考えると、iPhone7sの設計図はもうででいると考えてよさそうです。機能性については従来のよりアップしていますが、デザインが大きく変更することはなさそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ