iPhone7sではどんな課金方法がある?

ゲームをしたり音楽を聞いたりするなど、iPhoneにはさまざまな課金方法があります。そのなかでも有名なApp課金なiTunes課金などについて紹介します。iPhone7sが発売したら購入したいと検討していた方も、ぜひこのiTunes課金の仕組みを覚えておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの課金機能であるApp課金とは?

App課金とは、iPhoneをはじめとした多くのAppで、コンテンツの追加や定期購読などを、iPhoneの中で購入できる機能になっています。主にゲーム内でお金を追加してアイテムを買う、などというように利用する人も多いでしょう。そういった場合、アイテム課金ともいわれています。これは、アプリ内でデジタルコンテンツを直接やり取りすることです。

App課金とは、一般的にAppleIDにクレジットカードの情報を登録し、クレジットカードで支払います。直接金銭の授受もなく、必要なIDやパスワードを入力しただけで、雑誌をiPhone内で定期購読できたり、ゲーム内のアイテムを購入することができます。手続きが煩雑でない分、必要以上に課金しすぎてしまうというデメリットはありますが、ゲームなどを中断することなくアイテムを買って先に進むことができるというメリットがあります。利用するためには、AppleIDにあらかじめクレジットカードを登録しておかねばなりません。

iTunesカードでもApp課金ができます。

App課金でものを支払う方法としては、iTunesカードという方法があります。または、iTunesコードとも書かれれています。iTunesカードとは、文字通りカードのことでああり、そこにはiTunesコードが書かれています。このiTunesコードを入力することで、チャージしたお金をゲームや買い物で利用できます。

このカードはApple Storeやインターネット上のウェブサイトでも購入することができます。自分宛にギフトとして購入し、コードをメールで送ることも可能です。この方法ですと、チャージした金額だけApp課金をすることができますので、無駄に課金をし続けてしまうということがありません。

App課金での有料アイテム購入の方法

iTunesカードやアプリ内課金で有料アイテムを購入する方法はいたって簡単です。iTunesカードで購入する場合は、残高がそれ以上あるかを確認しておくようにしましょう。

購入したいアプリのところに行って、金額のところをタップします。そこを選ぶと金額が「購入」というように変わります。その際、AppleIDのパスワードを要求されるので入力すると、特に問題がなければ購入処理が終わることになります。

AppleIDのパスワードがあれば、たいていのアイテム購入や課金はスムーズに終わらせることができます。しかしながら裏を返せばこれは、AppleIDのパスワードがあればだれでも購入できかねないということですので、簡単に推測できるパスワードは避けたり、端末の取り扱いには気をつけましょう。

App課金とは、AppleIDにクレジットカードの情報を登録し、クレジットで支払うという方法と、iTunesカードを使って購入するという方法がありますので知っておくと便利です。課金の仕組みをきちんと把握し、快適にiPhone7sを利用できるよう準備しておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ