iPhoneXのフードアプリで食生活を豊かに

iPhoneを販売するApple社では、通常、新機種を発売してから1年後に上位互換バージョンの製品を発売することが一般的です。iPhone7が発売されてから、もう少しで1年が経過しようとしていますが、果たして今回は7sは発表されるのでしょうか。注目が集まります。さて、そんな中で、iPhoneに搭載されるOS“iOS”には、便利なアプリが満載です。iPhoneXでも存分に活躍を期待できることから、今回はフードアプリに焦点をあて、注目すべきフードアプリを紹介していきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

非常に満足度の高かったiPhone7

2016年9月に発売されたiPhone7。最先端の機能を多数搭載することで、ユーザーの利便性を高め、いまだに人気の高い製品として有名です。また、同時に発表されたiOS10の最新バージョンは、未だかつてないユーザビリティを備えた極めて高い品質でした。例えば、iPhoneで初めて利用できるようになった電子マネー“Apple Pay”。クレジットカードやSuica(スイカ)などの電子データを登録することで簡単に支払いが可能になりました。さらに、防水防塵機能やホームボタンなども一新し、今までにない新たなiPhoneとして新生した印象があります。上記の理由から、iPhone7の後継機を望む声が高まっている現状、iPhoneXが発表される可能性は極めて高いと言えるでしょう。

iOSには便利なフードアプリが満載

iPhoneに搭載されるOS“iOS”は、日常の食生活を豊かにしてくれる品質の高いフードアプリが揃っています。例えば、アプリマーケットでも非常に人気の高い“SARAH(サラ)”。昼食や夕食など食べたい料理をアプリ内で入力するだけで、近くのレストランを即座に検索してくれます。従来のフードアプリのように、店名から検索をかける手間がなくなるでしょう。他にも、独自の視点からサービスを展開する“Foodie(フーディ)”。非常に簡単な操作で、カメラで撮影した料理画像をプロ級の画質に変換してくれます。ブログやSNSなどに掲載する写真も美しく変身します。

iPhoneXでも期待が高まるフードアプリ

朝食や夕食などをカメラに収め、ブログやSNSで発信する方が増えつつある一方、フードアプリはサービスの品質も高まり、その数も増加傾向にあります。iPhoneXが発売した後も、この流れは変わらず、さらに良いフードアプリが続々と登場していくことでしょう。

いかがだったでしょうか。ここまでiPhoneXの予想として新しいフードアプリについて紹介してきました。iPhone7ではフードアプリを使ったことがないという方も、ぜひとも利用してみてください。最近のフードアプリは、使い勝手やサービスに優れ、日常の食生活を豊かにしてくれる機能が満載です。後継機種でも、必ず一つは取り入れたいアプリの一つになりそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ