iphone8の耐水・防水性はどれくらい?

iPhone8にはいろいろな機能がありますが、なかでも便利になっているのが防水機能です。最高級の耐水性、防水性を感じることができますので、水没の心配がありません。ですので、多くのユーザーに支持されています。iPhone8の耐水性能について知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

正式に耐水仕様が始まったのがiPhone7

水没が問題視されてきたスマートフォン市場においてはじめて耐水性能に着目して作られたのがiPhone7です。iPhone7はIP67という仕様に準じた耐水性、防塵性能があります。少しくらいの水没、たとえばトイレに30分くらいつけたくらいでは変わらないと言われています。そのため、水没によって故障するリスクが低くなっていますので、水没による故障は修理保証されないといった欠点もあります。しかしながらユーザーにとっては雨の日でも問題なく使用できますので、多くのユーザーに支持されています。

iPhone8で耐水性が向上される?

耐水性の向上で話題となったiPhone7ですが、今後発売が予定されているiPhone8ついてはIP68 というiPhone7のIP67を上回っています。防水は8級になり、連続時間水中においても有害な影響がありません。さらに防塵等級も上がっていますので、ほこりやチリが入り込むのも防いでくれます。注意しないといけないのは、防水性が上がるとともに浸水による故障は保証対象外であるということです。しかしながらiPhone8の等級としては、日常生活で使用する水についてはほとんど防げるということになります。

iPhone8の防水性はどのくらいすごいの?

iPhone8の防水性能はかなり高くなることが期待されています。具体的に言うと、常温の水道水の水深1.5メートル程度に沈めて約30分後に取り出しても通信機器としての機能を果たすことができるというテストに合格できる程度です。常温の水道水ですので、お湯や海水につけても無事ということはありませんが、少しの水没事故には十分耐えられるレベルでしょう。

水没事故を防ぐために作られた防水機能があるiPhone7において防水機能が着目されていましたが、iPhone8はそれを上回る機能が搭載されると話題になっています。水道水につけても大丈夫であるため、日常における水没事故は防ぐことができます。耐水性が向上していますので、iPhone8は人気になることが予想されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ