節約・節電でiPhone7sを使おう

iPhone7sとは、今後発売が予定されており、その機能性についても着目されています。毎日使用するスマホだからこそ、節約したり節電したりしたいものです。少しの工夫で充電時間を減らして結果的に光熱費の節約などにつなげていくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sで節電するポイントとは?

何かと電池を消耗するiPhoneですが、工夫をするだけで電力の消費量を抑え、節電することができます。これは、今後発売が予定されるであろうiPhone7sでも同じことです。特に、iPhone7sは液晶画面が大きくなるのではないかともいわれています。バッテリーの性能は上がりましたが機能性や画面の大きさも向上しているので、結果的に消費電力が少なくなるというわけではありません。

まず、節電するポイントとしては、バッテリーのパーセンテージ表示を有効化することです。設定から一般を押し、使用状況を押してバッテリー残量のスイッチをオンに切り替えます。バッテリー消費が激しいのであれば、いらないアプリケーションを閉じるなど工夫をしましょう。

ほかにもある、iPhone節電のポイント

最新のiPhoneでは、アプリごとのバッテリー使用料を確認できます。大して使用していないのに消費量の割合の大きいものは、使用を控えたり利用後はこまめに終了しましょう。そして、消費電力の大きいアプリといえば、やはり位置情報です。現在位置を取得してリアルタイムに更新してくれるアプリは便利ですが、特に位置情報が不要である場合は、位置情報を許可しない、に設定しておきましょう。これは設定ボタンのプライバシー、位置情報サービスから変更することができます。

ほかにもアプリにはバックグラウンドでデータを更新する機能もあり、電力を消費します。そのため、特に調べることがない場合は、バックグラウンドデータ更新をオフにしましょう。これは、設定から一般、Appのバックグラウンド更新をオフにすることで可能です。

iPhone7sで利用料金を節約するには

iPhone7sにおいて、利用料金の節約は大きな課題だと思われます。そのためにはまず、自分に合った利用データ数を選ぶことです。データ量が少なければ少ないほど、利用料金は低くなる傾向があります。アプリの自動更新や、wifiスポットを探す機能などはオフして、必要な時だけオンにするとよいでしょう。

また、各キャリアショップにはお得なキャンペーンもありますので、機種交換時には調べておくとよいです。加えて、よくわからないままiPhoneを契約している人は、なくても良いオプションに入っているかもしれません。これについても定期的に見直すことで節約が可能です。

iPhone7sについても、画面が大きくそして機能性が高い分一定の電力消費量は避けられません。そのため、位置情報アプリをオフしたり、データ消費量をオンにして消費量の高いアプリケーションの利用を避けるなど工夫することで節電や節約につながります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ