iPhone7sの大敵?寒さ対策

iPhoneに限らず、スマートフォンやパソコンが暑さに弱いことはたいていの人が知っています。しかしながら寒さに弱いという一面も持っており、iPhoneに至っては氷点下ですと電源が落ちるとまで言われています。iPhone7s購入前に知っておきたい、寒さ対策についてご紹介しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneに寒さは大敵なの?

iPhoneには暑さもそうですが同じくらい寒さも大敵です。なぜなら、iPhoneにはリチウムイオンバッテリーが搭載しており、これが極端な寒さに弱いからです。iPhoneを扱う気温としては0℃から35℃くらいまでと規定されることです。

特に故障とまではいかなくても、少し寒い地域でiPhoneを使い続けているとバッテリー駆動時間が短くなります。そのため、冬は電池の持ちが悪い、などとよく言われています。とはいえ、リチウムイオンバッテリーは寒さに弱い面はあるものの、バッテリーとしては極めて優秀ですので、今後発売が予定されているiPhone7sにも使われるでしょう。だからこそバッテリーの寒さ対策が必要です。

バッテリーだけではない、iPhoneを寒いところにおいてはいけない理由

iPhoneには、リチウムイオンバッテリーが含まれていますので寒さに弱いです。それだけでなく、iPhoneの液晶がガラスですので寒いところに放置していると、ディスプレイに亀裂が入ることも予想されます。

今後発売が予定されているiPhone7sにおいては、本体画面だけでなく本体そのものにもガラスを使うことでよりスタイリッシュな外観と使い勝手の良さを実現するともいわれています。液晶の保護のためにも、寒いところに放置するのはやめましょう。

iPhoneの寒さ対策はどうすればよい?

iPhoneは寒さに弱い精密機器ですがだからといってことさら神経質になる必要もありません。まず、冬のiPhoneは人肌程度に温めておくとまずエラーを起こすことはないでしょう。ですので、上着の内ポケットに入れておくことで体温で暖まります。これが、お金もかけずにできる一番の対策です。

ほかには、冷たくなった場合は電源を入れずに、安全な場所に置きしばらくたってから電源を入れましょう。充電の際も同じことが言えます。こたつやカイロなどは急激な温度上昇が結露を引き起こし水漏れの可能性があるのでよくありません。指先の冷たさも良くないので、スマホ用手袋を使用したり、カバーをきちんとしておくことで外気にさらされるのを防ぎます。

iPhoneの利用適正温度は、0℃から35℃ですので、あまり寒いところに放置しておくと、リチウムイオンバッテリーがダメージを受けてバッテリーが稼働しなかったり稼働時間が短くなります。そのため、上着のポケットに入れておく、スマホ手袋を使用するなどの措置を取るとよいです。万が一冷えてしまった場合は室温の確保できる場所に放置し、しばらくたってから電源を入れましょう。機器のダメージを防ぐために暖房機器などで温める必要はありません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ