iPhone7sで発売予想されているジェットブラックの気になる点とは?

iPhone7やiPhone7 plusで発売されたジェットブラックというカラーバリエーションは、発表から爆発的な人気を呼び、なんと予約注文を入れていても3週間遅れで納品されるほどの在庫不足に見舞われました。そのように大人気のカラー・ジェットブラックは、iPhone7sでも発売されるという噂があります。人気が出たカラーは、次世代のカラーとして登用されやすいですし、iPhone7sはiPhone7のマイナーチェンジ版とも言われているので、ジェットブラックもiPhone7sで発売されるという噂は信ぴょう性がありますね。

 

しかし、そこまで人気を呼んだiPhone7やiPhone7 plusのジェットブラックですが、実は実際に使ったユーザーからは様々な不評も聞こえてきたことも事実です。一体、iPhone7やiPhone7 plusのジェットブラックにはどのような問題点があったのでしょう?そしてその問題点はiPhone7sが発売される前に改善されるのでしょうか?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7やiPhone7 plusのジェットブラックの問題点とは?

iPhone7sでの問題点の予想の前に、まずはiPhone7やiPhone7 plusで発生したジェットブラックユーザーの不評を検証してみましょう。iPhone7やiPhone7 plusのジェットブラックは、(1)指紋が付きやすい (2)傷が付きやすい、という2点の問題点が挙げられます。これらはジェットブラック独特の色に問題があります。

iPhone7やiPhone7 plusでのジェットブラックの特徴は、ツヤツヤで光沢のある綺麗なブラックという色が挙げられます。このツヤツヤな光沢部分は、ガラス面のように輝くため、どうしても指紋や汗が付きやすい傾向にあります。元々iPhoneをはじめとするスマホユーザーの悩みは、指紋や汗が画面上に付着しやすいことにあります。しかし、ジェットブラックの場合の悩みは画面上だけではなく、iPhone全面に指紋や汗が付着し、すぐに見た目が汚くなってしまう傾向にあります。

また、ブラックという色はちょっとした傷が白く目立ってしまうため、iPhone7やiPhone7 plusを購入して間もない場合でも、使い方次第ではかなり年季が入ったiPhoneに見えてしまう残念な面も問題視されています。

iPhone7sではジェットブラックの問題点が改善されるのか?

それでは、iPhone7sの前に既に販売されているiPhone7やiPhone7 plusでのジェットブラックの問題点を受け、指紋問題や傷のつきやすい問題は改善されるのでしょうか?結論から言えば、それはなかなか改善が難しいと言わざるを得ません。やはりブラックという色の問題や光沢のあるデザイン特有の問題である以上、すぐに改善しようとしても難しい、という点があります。

それでは、iPhone7sでジェットブラックを購入したいけれど、こうした問題を防ぎたい方はどうしたら良いのでしょう?その場合は、iPhone7sのジェットブラックを購入次第iPhone7s専用のカバーを装着し、液晶部分の傷防止のシートを貼ることをお勧めします。この方法であれば、iPhone7sに傷が付きにくくなりますし、おまけに指紋も付きにくくなります(少なくとも、背面には指紋が付きにくくなり、綺麗な状態が保てます)。

ちょっとした工夫で、綺麗なiPhone7sのジェットブラックの問題を防ぐことは出来ますが、残念ながらカバーを装着してしまうと、iPhone7sのジェットブラックらしい光沢を楽しめなくなる可能性はあります。傷や指紋を気にせず使い続けたいか、或いはカバーで保護して綺麗なiPhone7sを楽しみたいか、今のところはどちらかの選択を迫られるiPhone7sのジェットブラックですが、技術革新によりこのような問題は無くなるかもしれません。指紋や傷が付きにくい素材が一刻も早く発明されることを祈るばかりです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ