iPhone7sではiPhone同士の通話が無料になる?!

2017年はiPhoneが発売10周年を迎える、プレミアムな年です。ios 10の昨年でも過去最大である10個の機能を発表しているところから予測しても、今回ios 11では、さらに大きな期待をかけてしまうのは致し方ありません。


そしてそのios 11の、ワクワクする新機能についての、また新しい情報がリークされました。日本人が喜ぶその目玉情報とは、なんと!iPhone同士の通話が無料になるのではないか、とのことなんです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sではiPhone同士の通話が無料になる?!

ios 11の気になる最新情報をまとめてみました

(1)FaceTimeで、グループ通話が可能となる?
現在のFaceTimeは1対1の通話しかできませんが、新機能では最高5人まで、同時に通話ができるようになるそうです。

(2)Appie Payで「個人間送金機能」が使えるようになる?
Apple社は以前より送金サービスの検討を始めていましたが、モバイル決済サービスのApple Payも当初の勢いは、今はありません。今回の「個人間送金機能」の実行を実現させることで、Appie Payの強化を図りたいようです。

(3)FaceTimeオーディオがiPhone7sでは、標準機能となる?
今までもFaceTimeオーディオを設定し、利用者がお互いにFaceTimeをオンにしておけば、利用が可能でした。今回の新機能はそのFaceTimeオーディオが標準装備となり、いちいち設定をしたり機能をオンにしておく必要はなく、自動的に利用可能となるそうなんです。iPhoneのユーザー同士であれば、FaceTimeオーディオの高品質な通話がいつでもできるというもの。もちろん、iPhone以外の通話については、これまでと同じく、従来の電話回線を使用して通話ができるとのこと。つまりこの機能のおかげで、iPhone同士の通話はいつでも無料でかけられるということになるんですよね。
ただしちょっと気をつけておかなければならない点としては、通話料金はかかりませんが、3G/LTE通信の場合には、パケット通信による通信料がかかってしまうところです。定額サービス等を利用していない場合は、気にしておく必要がありますね。

(4)低電力モードがさらに機能アップ?
ユーザーの低電力機能の利用頻度によって、今度のiPhone7sは自分で学んで対応してくれるようになるとのこと。そのときの位置や状況によっても判断してくれて、Wi-Fi接続が解除してしまい知らぬ間にバッテリーが20%以下になってしまったときなど、自動的に低電力モードを作動させてくれるらしいですよ。

iPhone7sのそのほかの魅力について

そのほか、iPhone7sに搭載されるかもしれないという、新しい魅力的な機能に対する新情報はたくさん飛び交っています。

たとえば、拡張現実(AR)を取り入れたカメラアプリを開発しているとか、音によって家電製品等のホームシステムの操作を可能にするという「Siri Speakeの導入。または、ios 10で採用が見送られてしまった、暗いところでも快適に画面の閲覧ができるという「ダークモード」という機能もiPhone7sでついに実現されるかもしれないとのことです。

これらの情報は、まだまだ噂の域をこえることはできませんが、2017年のプレミアムな年なだけに、iPhone7sには大いなる期待がもてそうですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ