現在進行中のiPhone7sのディスプレイの製造についての詳細!

iPhone7のディスプレイデザインは、例年とほぼ同じものになりましたが、2017年の秋に発売を予定している、iPhone7sのディスプレイのデザインについて、大幅な変更が行われると言われています。現在進行中である、そのディスプレイの製造の動きの詳細を、確認してみたいと思います。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ディスプレイのサプライヤーはSamsung、ディスプレイパーツのサプライヤーは選定中

2017年の秋に発売を予定しているiPhone7sのディスプレイとして、採用されるのではないかと言われているOLEDディスプレイですが、今のところ主にSamsungがサプライヤーになるのではないかと予測されています。そしてPatently Appleは、そのOLEDディスプレイを製造するにあたり、必要なフレシキブルプリント回路基盤のサプライヤーについて、選定を開始したと報じました。(※フレシキブルプリント回路基盤とは:プリント基板の一種で、やわらかく柔軟性があり、弱い力でも簡単に曲げ伸ばしができるため、液晶ディスプレイなどの空間が制約された箇所や、各部品への電気信号を配線に伝達させる必要のある箇所に、使用されます。これまで、立体的な配線が必要な、一眼レフカメラの内部配線やコンパクト型電卓の蝶番部などに採用されてきましたが、現在は主にスマートフォン・ウェアラブルコンピュータといった、あらゆる携帯電話に使用されるようになりました。)

選定の期間は今年の9月から10月に決定するのではないかとのことで、生産はもう間もなくの開始となるようです。ディスプレイのデザインに関しては、iPhone独自のオリジナルデザインとなるようで、Samsungのスマートフォンのデザインとは差別化を図るだろうと噂されています。

ホームボタンは本当に廃止されるのか?

Bloombergは、関係者からの情報として、Apple社は、iPhone7を、おサイフケータイ化(Apple Pay)するとの計画をしているようであると報じましたが、その中でApple社は、2017年に発売する予定のiPhone7sでは、ホームボタンの廃止を目論んでおり、ディスプレイ自体の設計の見直しを行っているという情報の報道も行いました。

今までにもiPhone7からホームボタンを廃止するという話題はたびたび起りました。しかし、発売が一ヶ月を切っていた昨年の状況を見直しても、その話しにはどうも信ぴょう性に欠けていたと言わざるを得ません。事実、iPhone7にはホームボタンが廃止されなかったのですから。このような状況から判断してみても、どちらかと言えば、このホームボタン廃止実現の可能性としては、今秋発売予定のiPhone7sに間に合わせて来る可能性が高いと言えるでしょう。

今の時点で、他のメーカーでは、すでに液晶画面ボタンを廃止しているところがおおい状況ですがiPhone7sでもついにホームボタンは廃止されてしまうのでしょうか。iPhoneにとっては、その象徴の一つとも言える機能の廃止に、一抹の寂しさを感じてしまう人はそう少なくはないかもしれませんが、それ以上に、今までになかった新しい機能をなによりも望んでいることも事実です。Apple社からの公式発表が待ち遠しいですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ