iCloudはiPhoneXで使える?

iPhoneXはまだ発売されていませんが、iPhoneにはもともとiCloudというクラウドサービスに接続する機能が搭載されています。ここでは、iPhoneXとiCloudについてご紹介していきます。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iCloudはiPhoneXでは使えるのか

iCloudと呼ばれるサービスは、現行のiPhoneにも搭載されています。これは、インターネット上のクラウドと呼ばれる記憶リソースを利用して、設定を引き継いだり、写真や文書、連絡先といったファイルを共有したりと、いつでも最新の状態を維持できるものです。
現行のiPhoneにはこの機能が既に活用されており、iOS5以降であれば知らないうちにあなたも使っているものと言えるでしょう。

iCloudではどんなことができるか

iCloudを活用するために必要なのは、AppleIDと呼ばれるものです。これは、iPhone購入時に作った人も多いのではないでしょうか。このIDを登録することで、iCloud上にアカウントを作成することができます。これによって、様々な文書や画像、ファイルをこのAppleIDで一括管理し、そこからインターネットを介して情報を引き出すことで利用が可能な状態を作ることができます。
もともとAppleが作ったサービスですから、iPhoneとの同期はかなり親和性が高いということができます。常にインターネットに接続しているiPhoneであるからこそ、iCloudを利用することで、手軽に予定や設定、そしてファイルをどこにいても手元のiPhoneでさっと調べることができるというところが、かなりすごいところであると言えるかもしれません。

特にバックアップはおいしい

iCloudの中でかなりおいしいサービスとしては、端末のバックアップができるという点です。皆さん、iPhoneを購入するには、まさかあのタイミングで故障するなんて、といった後悔のことを考えることは少ないでしょう。しかし、iPhoneがポケット端末であるからこそ、思わぬところで電源が入らなくなったり、ボタンやタッチディスプレイが利かなくなったり、といった不具合に見舞われることはあるのです。そして、その時一番困るのが、なんと言ってもデータが引き継げるかどうか、というところになります。
この点において、端末の全データをバックアップできるというこの機能はかなり優秀であると言えます。なにしろ、バックアップを簡単に作ることができるのです。たとえ端末が壊れたとしても、新しいiPhoneにした後で、インターネットにあるクラウドからデータを引っ張ってくるだけで済むというものです。

もちろんこの機能は、iCloudが現状のまま、そしてさらなるバージョンアップを重ねても残るであろうとされる大きな利点です。このため、新しいiPhoneXが発売されても、安心してバックアップを取ったりすることができると言えるでしょう。

iPhoneとiCloudの親和性はかなり高く、様々なデータをインターネット上にいわば逃がすことが可能であるため、好きな時に最新の状態のものを使用することができるのがわかりますね。新しいiPhoneXになっても、こうしたクラウド化はいわば世間の流れですから、なくなることはないと言われています。是非新しいiPhoneでも進化したiCloudを利用して、日々の生活を豊かにしていきましょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ