デフォルトアプリのアイコンを非表示にする方法とは?

iPhoneユーザーのなかには、「使わないデフォルトアプリをホーム画面から消したい」という方もいるはずです。iPhoneには、そんなアプリを非表示にする機能があります。これからiPhone7を購入したいと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

機能制限の設定を使いこなそう

SiriやiTunes、フェイスタイムなどのアプリは、iPhoneに元々備わっているデフォルトアプリです。これらのアプリアイコンは完全に削除することはできませんが、“機能制限”の設定でアプリアイコンを非表示にすることはできます。機能制限の設定方法を、以下で紹介します。

まず、“設定”アイコンから“一般”の項目を選択し、“機能制限”の画面へ進みます。その画面で機能制限専用のパスコードを設定すると、アプリアイコンの一覧が表示されます。そこから非表示にしたいアプリを選択し、”機能制限をオフ(許可しない)”に変更します。

これで設定は完了です。機能制限をかけたアプリは、Spotlight検索などでもヒットしない仕様になるので、もう一度使用・表示をしたい場合は”機能制限をオン(許可する)”にする必要があります。

ホーム画面を整理したいときに大活躍

いかがでしたか。「全く使わないデフォルトアプリをしまっておきたい」、「iPhoneのホーム画面をもう少しすっきりさせたい」という方にとって、機能制限は非常に役立つといえます。iPhone7では、このような設定機能にもさらに変化がみられると予想されます。今後のiPhone7の発表が待たれるところです。

素敵な真っ白

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ