動画と静止画は同時に撮影できる!? iPhoneカメラの裏ワザ

iPhoneのカメラで動画撮影をしている際、「今の瞬間を写真でも撮りたかった」と思ったことのある方は多いはずです。
このページでは、動画を撮影しているときに、静止画も同時に撮影する方法についてご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

思い出を同時に残す方法

もしかしたら、あまり知られていないかもしれませんが、iPhoneでは動画撮影中に静止画を一緒に撮影することができます。
まず、カメラを起動して、画面下部にある撮影モードを「ビデオ」に変更します。さらに赤い録画ボタンをタップし、撮影を開始します。ここまでは通常通りの動画撮影方法ですが、ここで注目してほしいのは画面左下にある白いボタンです。

このボタン、どこかで見覚えがないでしょうか……? じつはこのボタンは、静止画を撮影するときのシャッターボタン。さりげなく出現するため気づかない方も多いかもしれませんが、動画撮影中には常にシャッターボタンがここにあります。そして、動画を撮影しつつシャッターボタンをタップすると、カメラロールに静止画がしっかり保存されています。

ちなみに、動画撮影中に静止画を撮影しても、シャッター音は鳴らない仕組みになっています。子どもの自然な笑顔を撮影したいときに、役立ちそうな機能ですね。

今日から楽しめるカメラ機能

いかがでしたか? 「動画と静止画を同時に撮影できるはずがない」という固定観念が、この画期的な機能を見落とす要因になっていたのかもしれません。すぐにでも試してみたい、カメラの裏ワザといえます。

iPhone7でも、この機能は搭載されていることが予想されます。もしかしたら、iPhone7ではもっと機能が進化しているかもしれません。
発売が待ち遠しいiPhone7の最新情報を、ぜひチェックしてみてください。

ソーシャル

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ