もしかしたらこれかも? バッテリーを消費する原因

iPhoneを使用しているとき、バッテリーの減りの速さに困らされることがあります。このページでは、iPhone7にも当てはまるであろう、バッテリー消費の原因を3つご紹介しますので、ぜひお役立てください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

バッテリー消費を速める原因とその対策

iPhoneではどんなユーザーにも便利な機能を提供できるよう、ユーザーが操作せずとも常にいろいろな機能が起動している状態です。もしそのなかに使わない機能があれば、それをOFFにすることでバッテリーの消費を抑えることが可能となります。

・Appのバックグラウンド更新がONになっている
まず注目したいのは、Appのバックグラウンド更新です。iPhoneには、各アプリの更新を自動で行うためのバックグラウンド更新機能が入っており、この更新機能をOFFにすることで無用な消費を抑えることが可能となります。しかし、すべての更新をOFFにしてしまうと、必要な更新を見逃してしまう可能性も出てきます。バックグラウンド更新はアプリごとに設定できるので、使用頻度の低いアプリをOFFにする方法がおすすめです。設定は、”設定“→”一般“→”Appのバックグラウンド更新“から可能です。

・GPSがONになっている
次に、GPSによる位置情報サービスがONになっていることが挙げられます。位置情報の特定は多くのアプリと連携する便利なサービスですが、当然バッテリーを消費します。OFFにする際は、完全OFFにすることも、アプリごとに設定することもできます。設定は、“設定”→“プライバシー”→“位置情報サービス”から可能です。

・プッシュ通知がONになっている
プッシュ通知も、チェックしておきたい項目です。さまざまなお知らせを表示してくれるプッシュ通知は便利ですが、使用頻度の低いアプリでは邪魔に感じることも。バッテリー消費にもつながるので、特に必要ないと感じるアプリの通知はOFFにしましょう。また、自分で頻繁にチェックするアプリについても、OFFにしておくことをおすすめします。設定は、“設定”→“通知”→“各アプリを設定”から可能です。

iPhone7でも使いたいバッテリー節約術

バッテリー消費が激しいと、バッテリーが1日持たないことも。そのような事態に陥らないよう、iPhone7に買い換える際も、ぜひ上記を参考にしてみてください。

充電中

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ