iphone7におけるバッテリーの容量と使用感

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

具体的にどのくらいの容量なのか

スマートフォンではバッテリーの容量が使用環境を左右させるとも言われていますが、iphone7でもバッテリーの容量はかなり気になるところです。現在までの情報では、前の商品であるiphone6sと比較すると、ある程度は増加されていると言われています。

実際にiphone6sに搭載されていたバッテリーはどのような状態だったのかと言えば、容量で言えば1810mAhのものが搭載されてありました。これと比較すると、次期iphone7では3000mAhのものが搭載されるとのうわさになっています。従って、バッテリーの容量をiphone6sに搭載されてあるものと比較すれば、かなり増加していることが分かります。

バッテリーの容量と使い勝手は
ここで問題になるのは、実際にその機種を使用してみての感覚にあると言えます。もしも使い勝手がiphone6sよりも劣ってしまうとするならば、新しい機種を持つユーザーの立場としては非常にやるせない気持ちになってしまいます。また、今後アプリケーションソフトがさらに充実され、処理の内容やスピードも現在のものよりはるかに高度化することを考えると、バッテリーの容量をもっと多めにした方が良いのではないかと考えがちにもなります。

ただ、与えられている容量をどのように使用するのかによって、ユーザーが感じる使い勝手は大きく変化すると言えます。アプリケーションソフトを初めとして、これからはアップル社が機器に導入されているOSなども省電力に対する措置を図っていくものと考えられます。

7の予測

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ