iPhone7sの発売日が例年に比べてずれる可能性は?

今年はApple社がiPhoneシリーズを発売して10周年の節目の年となります。そのため、今回のiPhone7sや8にはiPhoneファンからの期待が例年以上に高まりつつあります。そのため、いち早くiPhone7sを手に入れたいと思うのは人情ですよね。そのようにファンの期待を背負ったiPhone7sですが、発売日が例年に比べてずれる可能性はあるのでしょうか?iPhone7sの発売日がずれる可能性について、早速検証してみました。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sの発売日が例年に比べてずれる可能性は?

iPhone7sの発売日がずれる可能性 その1:時差

Apple社はご存じ通りアメリカの会社です。その為、発売日がどうしても時差の関係でずれることがあります。アメリカのApple本社はカリフォルニア州・シリコンバレーにありますので、日本とは17時間の時差があります(但し、4月の第一日曜日から10月の最終日曜日まではサマータイムのため、時差は16時間となります)。

どこの国でもそうですが、時差によって発売日がずれてしまうことは多々あります。いくら人気のあるiPhone7sとはいえ、時差を全く考慮せずに発売日が絶対にずれないとは言い切れません。これは発売日がずれる可能性としては許容範囲と言えるでしょう。

iPhone7sの発売日がずれる可能性 その2:発売日発表の前倒しや後ろ倒し

発売日の発表が前倒しや後ろ倒しがされたために、発売日自体もそれに伴ってずれてしまう可能性もあります。いつiPhone7sの発表をするかは、まさにApple社次第ですし、発表されていない製品は売りませんから当然といえば当然と言えます。

実際Apple Watchが発表された時も、発表日まで製品そのものが分かりませんでしたし、ましてやいつ発売されるかは更に分からなかったものです。しかも今年はApple社のiPhone発売10周年記念ですから、どんな「隠し玉」があってもおかしくありません。ファンは心穏やかにiPhone7sの発表日を待つしかなさそうです。

iPhone7sの発売日がずれる可能性 その3:なんらかの製品トラブル

なんと!iPhone7sは発売されない、という噂もあります。これはApple社にとって10年の節目であることから、iPhone7のマイナーチェンジと予測されているiPhone7sではなく、フルモデルチェンジのiPhone8を発売するためにiPhone7s自体発売されない、という噂です。

確かにiPhone7が発売される前も、iPhone7は10年目を迎える2017年という年号の7にちなみ、2017年に発売されるのではないか、とも言われていました。実際は予測を裏切り2016年にiPhone7は発売されましたが、こういった節目を大切にするApple社はわざわざiPhone7のマイナーチェンジ版を発売せず、iPhone8のみ発売するのではないか、ということも頷けますね。

iPhone7sの発売日がずれる可能性 その4:製品が間に合わない

Apple社のiPhoneシリーズ発売から10周年という節目の為、それまでiPhoneユーザーではなかった人々までiPhone7sが欲しくなり、予定していた製品以上の注文が殺到したため、製品の発売日に間に合わなくなり、発売日がずれる可能性もあります。

Apple社も記念すべき年のiPhoneですから、より高性能さや操作性の向上に力を入れていると思います。そのため、簡単な機械でしたら適当なパーツを組み立てれば完成しますが、高性能のiPhone7sを急に増産しろと言われても、なかなかすぐには製品化出来ません。予約注文分はなんとか発売でき、発売日がずれなくても、実際に欲しいユーザー全員の手元に届くには時間が掛かるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ