【最新リーク】iPhone8に噂される無線充電とは…

iPhone8に搭載されると噂の無線充電ですが、実はすでにこの無線充電というのは存在しているのです。しかし、機能搭載がうわさされる無線充電は従来のものと比べると比較にならないぐらい優れた性能であり、使い勝手も機能も充実したものになるといわれているのです。果たして、iPhone8の無線充電とはどのような仕上がりになるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Qiの充電の仕方とiPhone8は異なる

無線の充電ということですでに世の中に広まっている技術は電磁共鳴技術を使っている「Qi」と「Powermat」でしょう。このうちQiなどはすでにかなり浸透していて、一部の店舗のテーブルにQi方式の充電器を埋め込んでおりワイヤレス充電が可能となっております。ただし、このワイヤレス充電は最大4cmの距離から充電可能なものであり、いわゆる床に完全において使う必要があるということです。

無線を使っての充電機能といわれたときに、頭に思いつくのが距離が離れていてもスイッチをオンにすることで無線機能を用いて充電されるというものではないでしょうか。そのような機能が搭載されるようになった場合はまさに革命的な技術となっております。

今のところ、この「Qi」と「Powermat」も技術としては便利ではあるものの、その距離の短さから大きな進歩ではあるがもっと便利であってほしいという認識を持っている人が強くなっています。そのような状況を打破する可能性があるのがiPhone8といわれているのです。

iPhone8の無線充電はどの程度のものなのか?

iPhone8およびアップル社は無線やWi-Fi関連の技術に関して次々と特許を取得しています。それはそれらの技術を使って充電をするというものであり、その特許の内容からも無線充電技術が大きく進歩するという声が多数あるのです。

それ以外にも充電器が4~5メートル離れた場所にあっても携帯電話を充電できるようになる技術を開発した会社と業務提携をしたという情報も流れておりますので、この分野で今まで見せることができなかった中距離及び遠距離における無線充電がiPhone8には搭載されると多くの人々が期待するようになったのです。

iPhone8に搭載がうわさされている無線充電機能は、開発が難航しているという噂もあり、充電機能は発表されるものの、充電器の発売そのものはiPhone8と合わせて行うことができないといわれているのです。それでも実用性があり、搭載されることが確定しているのなら、多くの方々が熱烈歓迎してくれることでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ