iPhone8ではTouch IDもディスプレイに備え付けか

多くの人が気になっているiPhone8のTouch IDですが、いくつもの情報が交差する中で確かな情報として伝えられているのはデスプレイに備え付けになるのでは?といった事です。その真相についてお話します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDについておさらい

Touch IDは指紋認証の事です。多くはロック解除をする事が目的ですがiTunesやApp Storeでのショッピングの際に決算をするためにも使われます。アイフォンやアイパッドあるいはマックなどで早くから導入されていました。通常ログインする場合は何桁ものパスコードを打つのですが、指紋登録しておくとパスコードを打つのが面倒くさい時に指紋認証だけでロック解除できる手軽さがあります。しかしながらホームボタンの精査が良すぎて、センサーに指をあてた時の脂の状況まで読み込んでしまうため、作動しなくなる時があるのです。作動しなくなった時はパスコードを打ってログインできますから、パスコードをしっかり覚えておく事が重要です。決めた指の指紋でないと動作しません。どの指の指紋だったか覚えていないとやはり動作しなくなりますから、複数の指の指紋を登録しておくのと向きを変えて登録するなどの工夫も必要です。指紋認証は手間がこのように面倒な部分がありはっきりいってあまり評価は高くなかったのですが、セキュリティ管理という面でもけして完璧ではありません。それでも様々なシーンでの活用がされていましたから新規発売の時も、当然ながら搭載されるだろうとの見方が強かったのは事実です。

iPhone8でのリーク画像が公開されて

iPhone8では全画面画が強化ガラスで覆われたボディに変えられるとのリーク画像が公表されると、業界内外は騒然となりました。Touch IDはどうなるのだろうと思われたからです。一部デスプレイに他のホームボタン同様埋め込まれるのではないかとの予測と共に、裏面にそのまま搭載されるのではないかとの憶測も流れたのです。実際裏面移動といった変更をした競合機種がありました。しかし常に最新技術の先駆けとなってきたappleが競合社に追従するというのは非現実的ですから、すぐにこの情報は否定されたのですが大変信憑性のある情報としてデスプレイの中に組み込まれてバーチャルボタンとなるとの情報も流れ、こうした評判を確実と信じるケースが圧倒的に増えています。ただし高度な技術開発が必要ですからかなり難航する事が容易に想像する事ができ、この課題解決のゆえに発売日が大幅に遅れるのではないかの懸念も広がっています。

結果的にはデスプレイ全体に組み込まれるのでは?

新たな情報として発生したリーク情報は、結果的にデスプレイ備え付けになるとの予測です。これはどういう事かといいますとTouch IDはこれまでもささやかれていたように、バーチャルボタンとして復活しますが課題であった技術問題は、ようやくクリアできたという事です。その実光学センサーによるバーチャルボタンとして搭載されるという事になります。実際に研究に関わった技術者の宣言によるものらしいですから、信憑性はあると思っても良いのっではないでしょうか。

iPhone8の技術問題がようやく1つの答えに導かれたようです。結局デスプレイに埋め込まれたバーチャルボタンとなる路線が確実です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ