iPhone8の発売延期の原因?埋込み型Touch IDは未だ未解決

iPhone8の発売予定日がこの場におよんで遅れる可能性が大きいとの情報が入ってきており、ユーザーを不安にさせています。実は指紋認証センサーの搭載にあたっての技術的な問題が絡んでいるらしい事が明らかになりました。その課題とは?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

指紋認証センサー技術の基本

指紋認証についておさらいをここでしてみましょう。iPhone8ではTouch IDという形で搭載される事が見込まれており、iPhone8以外にも様々な分野で応用されています。最もよく知られているものでは警察局での犯人捜しの手がかりとして、様々な家財道具から化学薬品を使って採取するドラマシーンなどで見つけますし、携帯電話やパソコンなどの本人確認に使われる事もあります。iPhoneではICカードでの決算のために指紋認証を活用しています。生活の中で最も馴染んでいる方法であり認証方法も様々な形が開発されています。少なくとも日本国内では古い時代から最も活用されてきた方法です。指紋は独り1人違う文様を持っていますからそのしわの模様や凹凸の距離や変化を読み取って個人特定をします。採取した指紋はメーカーサーバー内・特定認証機器内などに保管されます。iPhone8はサーバー内で記憶されてロック解除の指令だが出た時に呼び起こし、機動させる事ができます。

指紋認証の原理

指紋認証の方法は様々あります。指紋認証画像を周波数に素早く変換して解析する方法、指紋の文様をパターン化して記憶させる方法、指紋を一本の線とみなして分析する方法の3つが通常行われている認証方法ですが、指紋認証機器メーカーにより様々な技術が活用されています。光の反射で解析する方法と放電を使って指紋の凹凸から変化や距離を分析する方法とがあり、他にも指に圧をかけた時の反応から溝の凹凸を解析する方法や、温度をかけて分析や解析をする方式など、指紋認証だけでもこれだけの違いがあるのです。iPhoneなどに標準装備されていたTouch IDでは有機ELなど光化学センサーで指の凹凸を分析する方法がとられています。センサそのものは指を面で判断するタイプや線で判断するタイプとに分かれます。指紋を読み取ってから最適化されてデーターベースに乗るまでの間が、最低でも3~4つの段階を踏んで行われるという、大変高度な技術が確立しています。

指紋認証センサーが抱える落とし穴

iPhone8に指紋認証を搭載される時はOLED方式すなわち光化学方式が採用される模様です。そのためにもボディ全体が電圧を通しやすい強化ガラスで覆われたデザインが採用されたわけですから。技術そのものには問題がないものの乗り越えなければならない課題が様々あります。その1つはセキュリティ問題です。指紋は確かに世界に1つだけのものですが採取するのにさほどの技術はいりません。あらゆる場所から指紋を採取する事ができますし、実際粘土に指をおしあてて指紋をコピーしたものに、iPhoneの指紋センサーをあてたら数分で認証したという研究結果も報告されています。ハッカーたちに指紋認証の関門を打ち破られるのは時間の問題でしょう。

指紋認証機能を持つTouch IDは高機能であり顔認証や虹彩認証よりも安全で手軽とされていますが、乗り越えるべき課題はやまずみです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ