iPhone8のTouch IDに関するリーク情報を紹介!

iPhone8に関してのリーク情報は様々なところから流れ憶測が幾重にも飛びましたが、信憑性があると思えるものいくつか登場しています。今回はTouch IDに特化したリーク情報を集めてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDが無くなる可能性

iPhone8のボディ画像がリークされてデザインのあらましが見えてきました。裏表全面がガラス貼りでしかも表面だけ若干湾曲された画像となっていたため、これまでにない斬新なデザインになるようだと話題になりました。全ホームボタンが液晶面に内蔵される事でシンプルになるのはいいが、iPhone7まであったTouch IDはいったいどうなるのかと騒然となった事も事実です。背面に移動するのでは?との意見もありましたがそれはすでに他社で実装されている形ですから、常に他社に圧倒的な差をつけて最先端のタイプを発表し続けてきたAPPLEに限って、そのような事があるのかと信憑性を疑う声が圧倒的で、すぐ立ち消えになったのですがそれと入れ替わりに入ってきた情報は、内蔵されたアイコンに混じって下部に表れた光化学的アイコンが見えるリーク画像です。APPLEpayのセキュリティアイテムとして重要な役割を果たしてきたTouch IDは、他のボタンと共に内蔵されて有機ELとして再登場するであろうというリーク情報が、現実味を帯びて流れました。その実この内蔵されたTouch IDがスムーズに機能するための研究開発が進んでいるとの情報もあり、そのための研究者を世界各国から集めているようです。こちらの方が信憑性があります。

3Dセンサーで顔認証・虹彩認証を搭載

カメラ機能が大幅に向上するとのリーク情報が流れました。3DCG画像による超越現実および仮想現実を実装するために有機EL機能が搭載され、その時に必要となるのが高速充電機能です。さらに元になるGPUの研究が進められる根拠として世界中から1000人を越える研究者がappleに集結したとのリーク情報はかなり信憑性があります。Touch IDが液晶画面で機能するためには高度な技術が必要とされ、開発が難航した結果発売予定日が大幅に遅れるとのリーク情報も流れました。iPhone8には従来にはなかった機能として3Dセンサーによる顔認証や虹彩認証があります。Touch IDを代替する機能と目されています。

Touch IDの向上に手間取り、発売が遅れる可能性あり

Touch IDはなくならず形を変えて搭載される事が確実です。ただしどのような形になるのかは不明ですが、液晶に取り込まれた場合の精査の低さなど技術面の問題が未だに解決されておらず、発売日に間に合わないとの見方が強まっています。あるいは若干性能を落として限定販売される可能性も強まっていますが、いずれにせよとてもお高いiPhoneになりそうですが価格を引き上げた分だけappleが受ける利益は倍増する事が予想されます。

iPhone8に関するリーク情報はTouch IDをのそいても多種多様あり、あらためてiPhone8の人気の高さがうかがえます。今の段階では予測の域を越えていませんから、発売される日が待ち遠しいばかりです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ