【iPhone8】新しいアイフォンには3Dセルフタイマーが付く?!

iPhoneの初期シリーズから標準搭載されているタイマー機能。毎朝のアラームとして使ったり、アプリの自動停止機能として使ったりと便利さはいろいろです。iPhone8ではいちだんと進化して3Dのセルフタイマーがつけられるとの情報も流れており、ユーザーとしては期待が高まるばかりです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のタイマー機能は何が便利?

タイマー機能そのものは過去シリーズでも搭載されていたため、とくにめずらしいわけではありません。設定した時間に音を鳴らし目覚まし時計として使ったり、SNSアプリの「寝落ち」防止に使用したりと、幅広いシチュエーションで使えるのがセルフタイマー機能の長所です。さらに、音楽やラジオを聴く前にタイマーをかければ、夜中に聴いていてうっかり寝てしまって気づいたら充電切れ……という最悪の事態もふせぐことができます。iPhone8からは電源を完全にオフにした状態でもタイマーが起動するようになり、使い勝手がよりいっそう良くなるのではと見られています。

ユーザーの声!タイマーではどんな音楽で起きたい?

iPhoneシリーズのタイマーでは、アラームとして好きな音楽をセットすることができます。お気に入りの音楽で目覚めると1日を清々しい気分でスタートさせられるような気がしますよね。iPhoneのタイマーを目覚ましとして使っているユーザーは多く、そのうちの3割ほどが「Jポップなどの軽快な音楽で目覚めている」という結果が出ています。流行りのJポップをアラームにすると、確かに目覚めも気分爽快ですよね。Jポップとならんで人気が高いのがクラシックで、とくに落ち着いた曲調のメヌエットなどが定番になっているようです。クラシックは目覚ましとしてではなく、朝のBGMとしても気分を落ち着かせてくれますよね。一方、タイマーを目覚まし以外の目的で使っている人も多いようで、受験勉強の休憩時間を区切るためにセットしたりと、思い思いの方法でセルフタイマーを使っているようです。アプリを使えばより細かい時刻設定が可能になるため、iPhone8を購入したらぜひ一度インストールしてみてください。

iPhone8のセルフタイマーは基本であるアラーム機能以外にも、アプリの自動停止機能など、ユーザーのうっかりミスを防止してくれる便利機能が詰め込まれています。夜中に音楽を聴きながら寝てしまっても、タイマーをセットしておけば自動でアプリをストップしてくれるので安心です。スヌーズ機能もついているため、ついつい気持ちよくて二度寝してしまう人でも気分爽快で目覚めることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ