出荷台数が1億台を突破したiPhone8のスゴさ

iPhone8の出荷台数が1億を余裕で突破する見込みです。2台前のiPhone6でも8000万台を余裕で越えて世界を驚かせましたが、それを上回る売り上げをあげたとしたら、はたしてどういう事になるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8と他製品の出荷状況比較

iPhone5に始まってiPhone6まで世界トップクラスの出荷台数を誇ってきましたが、iPhone8にいたっては前評判の高さといいユーザーの期待度といい、確実に1億台を突破する事は確実です。ちなみにiPhoneは発売初日を含む3日の間に500万台を記録し、次の5sあるいは5cではさらに900万台を上乗せした出荷台数を、そしてiPhone6ではさらに1000万台の大台に乗り最終的には1億台を突破したヒット商品となりました。これから出荷されるiPhone7にいたってはさらに上をいく事が予測されます。少しずつ数字を伸ばしてきた経緯をみても今回のiPhone8にいたっては余裕で1億を越える事が容易に予測されますが、場合によってはトータルで倍の2億を越える可能性もあります。

iPhone8の反響で懸念される事

明らかに一人勝ちとも思える快挙劇が展開されつつあるものの、万が一在庫を上回るユーザーが集中した場合は早々と完売となり、多くのユーザーがお目当ての製品を手にできなくなるといった事態に陥る可能性もあります。メーカー側では増量も検討しているようですが、パーツの製造が間に合わないかもしれないという情報も入ってきていますし、店頭での混乱も予想されます。様々な事情から最初は小出しでの販売となり本格的な販売はその後混乱が落ち着いた頃に各店舗へ陳列されるケースも考えられます。発売当日はどの店も行列ができるなど混雑する事も予測されますから、特定の事由が無い限りは店頭に並んだ頃にゆっくりと買いに行く方が、間違いなくお目当ての商品を手に入れやすいはずです。

iPhone8の爆発的出荷台数の経済効果

全世界でiPhoneの初代発売以来のヒット商品となる事確実なiPhone8がもたらす経済効果は相当なものでしょう。メーカー自身の躍進もさることながらパーツを製造・販売している子会社や下請け工場もフル回転での作業になるでしょうし、今回ガラス製のボディになる事も含めて、iPhone業界とは直接つながりがなかった業界にまで波及が飛んでいく事になります。生活が便利に快適になるのですからユーザーにとってもうれしい現象でしょう。少しずつ景気が回復しつつあるとは言え、社会不安が無くなっているわけではありませんからこれを機に、社会全体の景気の大幅底上げとなる事を期待したものです。そのためにも非ユーザーの興味と関心をいかに取り組めるかも課題になってくるでしょう。パソコンやプリンターがそうであったように、価格が安定してきたら、手を伸ばしやすい価格設定に落ち着く事も検討の余地に入るのではないでしょうか。

iPhone8の登場はしばし低迷していた経済情勢を一気に活性化してくれる起爆剤となってくれる事も期待されます。今後の動向に注目しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ