iPhone8のSafariはどう変わるか予想!希望も込めて(笑)

iPhoneシリーズの定番ブラウザであるSafari。iPhone8でも当然標準ブラウザとして採用される見込みですが、実際のところ、Safariはブラウザとしてどのくらい使いやすいのでしょうか。iPhoneが初期シリーズからSafariにこだわりつづける理由を検証するとともに、Safariでのネットサーフィンを何倍にも快適にするテクニックについてもまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Safariは使いにくい?iPhone8にまつわるちいさな誤解

初期シリーズ以来、iPhoneの標準ブラウザとして長らくユーザーに支持されているSafari。その一方で、Safariはほかのブラウザにくらべて使いにくいとの声も聞こえてきます。具体的な処理速度やウェブサイトの読み込み能力でくらべた場合、Safariが決してほかのブラウザと比較して劣っているというわけではなく、むしろ読み込みのスピードでは勝っているとの検証データも報告されています。しかしながら、ウェブサイトの翻訳機能などが搭載されていないことを考えると、海外のウェブサイトを瞬時に翻訳してくれるライバルのブラウザのほうが便利に感じてしまうのかもしれません。特定のアカウントと同期していないSafariではブックマークなどを引き継ぐことができず、その点も不便だと言われる要因になっているようです。

Safariはフリーズする?トラブルをふせぐ簡単テクニック

Safariに関して挙げられるもうひとつの使いにくさとして、フリーズの頻度があります。ほかのブラウザでは問題なく読み込めるウェブサイトもSafariだと読み込みに異常に時間がかかり、最悪の場合はフリーズしてしまうこともあります。ただしそれはSafariの性能が劣っているというわけではなく、ウェブサイトに含まれる「要注意コンテンツ」をひとつひとつ丹念にチェックしているため結果的に読み込みが遅くなったり、クラッシュが起きたりするのです。Safariの設定を変え、コンテンツのチェックレベルを引き下げることでフリーズのリスクを減らし、ブラウジングの速度を上げることができるため、読み込み性能についてはそれほど心配することはありません。

iPhone8にとどまらず、今後のiPhoneシリーズでも標準ブラウザとして採用される見通しのSafari。初期シリーズから指摘されているブラウジングの不具合は、ちょっとしたテクニックを組み合わせることで解決可能です。処理速度も向上し、ほとんどのウェブサイトを問題なく閲覧できますが、どうしても気になるようならウェブサイトによっていくつかのブラウザを使い分けることで予期せぬクラッシュをふせぐことができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ