iPhone8で実装されると噂の「遠隔充電」その内容とは

iPhone8の新機能のなかで最大の目玉とも言われる遠隔充電。ワイヤレス充電ともよばれる機能ですが、iPhone8で実装された場合どのようなメリットがあるのでしょうか。android端末ではもう何年も前からワイヤレス充電が搭載されていますが、iPhoneではなぜここまで正式採用が遅れたのでしょう。開発の裏事情もふくめて検証してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

遠隔充電が変えるiPhone8の常識

遠隔充電というと何やらいかめしい響きのようにも感じますが、意味としてはワイヤレス充電と同じであり、これが実装されると従来のように充電コードにつながなくても端末を充電できるようになります。遠隔充電そのものは決してめずらしいものではなく、いくつかのandroid端末でもすでに実装されていますが、iPhoneでは未だに採用されておらず、仮に今回採用されるとすればiPhone初の試みということになります。あらゆる面で先進性を追求するiPhoneシリーズが遠隔充電にはなかなか手を出さなかったことがいささか不思議ですが、「搭載のタイミングをじっとうかがっていたのでは?」という専門家の指摘もあります。android端末と同じタイミングで搭載したのでは話題性が薄れ、せっかくの性能をアピールする機会を失ってしまう。そこでAppleは遠隔充電実装のタイミングをずらし、その間にテクノロジーを最大限に研究したうえでインパクトのある発表の仕方を模索していたと考えられるのです。

初心者も知っておきたい!iPhone充電の基礎知識

iPhone8で遠隔充電が実装されても、過充電などのリスクがなくなるわけではありません。過充電を毎日のようにつづけるとバッテリーが著しく劣化し、最悪の場合本体が爆発してしまう危険があります。過充電をふせぐためには充電が完了したらすみやかに充電コードをはずし、むやみに充電しないことが大切です。目安として、バッテリーの残量が50%を切ったら充電のサインと言われており、ほとんど使っていないにもかかわらず充電ばかりを繰り返すとバッテリー容量が損なわれる可能性があります。充電中に端末を使用するのもバッテリーに過度な負担がかかるため、とくにハイスペックな3Dゲームなどは充電中には起動させないようにしましょう。

事前リークされたiPhone8の設計図にはワイヤレス充電用の回路が組み込まれていることから、最新モデルで遠隔充電が搭載されることはほぼ確実であろうと見られています。驚くべきはその充電性能で、一説によると5メートル離れた距離からでも安全に充電することができる能力をもっていると言われています。Appleにとってもまさに「機は熟した」といったところでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ