iPhone8は現在確認されているプロトタイプが2種類

iPhone8は2種類のプロトタイプに的をしぼって検討中との情報が流れてきましたが、真相はどうなのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDはデスプレイに埋め込まれるプロトタイプというiPhone8関連の最初の噂

Touch IDへの采配が何科につけiPhone8の発売の前にネックになってくるようです。iPhone8にはこれまでにない高機能かつ高性能なモバイル端末であり、iPhone8の発売を機にスマホ業界は大きな進歩の一歩を遂げるのではないかと、業界内外から注目を集めていますが特にTouch IDに関しては技術的問題があって発売予定日に間に合わないのではないかとの懸念が広がっています。これまでにもどこからともなく流れてきたリーク情報ではTouch IDの存在を見つける事ができないでいます。ホームボタンはデスプレイに埋め込まれてバーチャルボタンとして生まれ変わるのではないかとの情報が流れた時には、Touch IDもバーチャルボタンの1つになるのではないかとの噂がたちました。ではどうやって?1つの案として光化学タッチボタンとして組み込まれるのではないかとの情報もあります。リーク画像の中でデスプレイの下部に光センサーのごときアイコンを見つけたからです。全画面ガラス貼りとはいえ、機能性および性能そのままにTouch IDを動作させるには高度な技術が必要とされ、開発に難航しているとの評判が流れてきました。場合によっては発売期日が遅れるとも言われ、ユーザーをがっかりさせた事もありましたが、初期の出荷数を押さえる形で収まる可能性も浮上するなど、先が不透明な状態が続いています。

iPhone8ではTouch IDが背面に配置されるプロトタイプを選択する可能性あり

可能性としては薄いのですが背面に配置されるとの噂が浮上しています。実際そのような形で発売されている競合製品もあるのです。しかしながら常に発売以来スマホ業界の先駆けのような立ち位置にあったappleが、この場におよんで他社の追随に回るというのは、どう考えても不自然だとの声も上がっています。

Touch IDに関して

そもそもTouch IDとはどのようなしくみになっているのでしょうか。要は指紋認証ですが今日指紋認証専用方式として認められるものとしては6通りあるのですが、そのうち静電容量という方式をiPhoneでは選択されています。簡単に言うとTouch IDは指紋センサーのわけですから本体に指をおいた時に指から本体に流れた電極を本体が読み取って画像データーにすばやく変換します。あらかじめ登録しておいた指紋と一致しているかどうかを検証して照合の結果合致していると判断されれば、iPhoneのロック解除をしてくれます。決済サービスなどに主に活用されています。大変便利で使い勝手も悪くない機能なのですが指の先が濡れていたり、微妙な位置のずれで認証に手間取ったりなど、なかなか癖のある機能でもあります。

iPhone8では指紋認証機能をいずれのプロトタイプで選ぶのかは明確には判断できませんが、表面で使用するプロトタイプの方がappleらしい印象をうきけます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ