Apple社、iPhone8用ディスプレイに曲面型有機ELディスプレイを採用

iPhone8のディスプレイに有機ELが採用されることは早い段階から公表されていましたが、最新の情報ではさらにディスプレイが曲面タイプになることが明らかになりました。画面を湾曲させることでこれまでとは違った楽しみ方が広がるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ユーザーはどう評価する?iPhone8の有機ELディスプレイ

画面両端が湾曲するタイプの有機ELディスプレイはすでにandroid端末でも実用化されており、それ自体は決して目新しいものではありません。発想は非常にシンプルです。有機ELディスプレイを曲面型にすることで表示領域を広く確保し、iPhone8のスペックを最大限に引き出すという意味で、円筒型ディスプレイには有用性があります。ただ、曲面型ディスプレイにばかり目をうばわれていては今回のモデルチェンジの本質を見失ってしまいます。ボディを円筒型にしたもうひとつのねらいはワイヤレス充電です。Appleが現在考案しているワイヤレス充電方式ではどうしても充電中に大量のエネルギーを必要とし、従来型のフラットボディではiPhone8が異常発熱を起こしてしまう危険性があります。充電中に熱がこもることをふせぐにはボディを円筒型にして熱源を包み込むかたちで放熱させてやることが最善であり、もっとも効率の良い発熱対策と考えられています。

円筒型フルフラットディスプレイで可能になる新しい画面認証

円筒型有機ELディスプレイの採用はワイヤレス充電のためだけではありません。有機ELディスプレイの採用とあわせてホームボタンの廃止が発表されており、これでいよいよiPhone8のデザインが一新されることになります。ホームボタン廃止は、指紋認証と大きく関係しています、iPhone8ではディスプレイ内に指紋認証専用のアイコンを格納する予定であり、大ざっぱに言えば「画面のなかですべてが完結する」時代に近づいたことになります。指紋認証の進化系ともいうべき虹彩認証システムが今後標準搭載されれば、ディスプレイを数秒間見つめるだけでロック解除が可能になりますから、ホームボタンの役割はさらにちいさくなると言えます。ディスプレイのモデルチェンジひとつからここまで多くのことを見通しているのだとすれば、Appleはやはり先見性に恵まれていますよね。iPhone8の円筒型有機ELディスプレイがここまで注目されている背景には、その先にあるAppleの革新的なアイディアがあるのです。

湾曲するディスプレイの採用によって、iPhone8はデザイン的にも大きく変わります。それに付随していくつかの新しい周辺技術が盛り込まれる見通しのため、ユーザーの期待度はすでにピークに近づいています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ