iPhone8新機能のウソ・ホント

人気のApple製品においては、新製品発売の噂が流れるとかならずといっていいほど新機能に関する話題が盛り上がります。ですがその中には、ソースが存在するものから真偽の定かではない情報まであり、まるまる信用するのもあまりおすすめできません。今回新たに登場すると噂されているiPhone8については、どういった新機能の情報が取りざたされているのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

画面部分の素材が変わる

ガラケーからスマートフォンに主流が移り変わって以降、画面部分がとても重要になってきています。ガラス面そのものを操作するためです。ガラス素材から表示形式、強度まで、さまざまな点がポイントとなってきます。そんな中、iPhone8については画面が大きく進化を遂げると予測されています。そしてこの点は、信用度の高い情報であると予測されています。

おおまかにいうと、これまで主流であった液晶から、有機ELに変更されるという形です。発光ダイオードを組み合わせて製造しており、バックライトの必要ない省電力に適した素材となっています。ちなみに、別のAppleデバイスである「Apple watch」がすでに同様の素材を採用していることでも知られています。

全面ガラス張りで曲面を含む全体が操作可能となる?

前述の有機ELにおける特徴は、ほかにもあります。主には、厚みが薄くなる、曲げられるといった特徴です。すでに中国の大手メーカーではこの曲がる性能を活かした曲面ディスプレイを開発しており、世界的な注目を集めました。スマートフォンのほか、スクリーンや一風変わったネオン広告などにも採用されています。そうした理由から、iPhone8も全面ガラス張りの曲面ディスプレイになるのではという噂がささやかれています。

ですがこれについては、半分正解で半分間違いといった具合に考えられています。まず全面ガラス張りについては、おそらくそうなるといわれています。強化ガラス特許取得などのソース情報から、ファンの間ではまず間違いないとさえいわれています。ですが曲面ディスプレイではないという見立てが一般的です。全面ガラス張りであるものの、表示面は従来と変わらずフロント部のみといった具合です。

ワイヤレス充電への対応

iPhoneの充電や接続といえば、ライトニングケーブルによるコネクティングが一般的です。ですが今回iPhone8においては、ワイヤレス充電式になるのではといわれています。従来においても充電台を使った直接接続不要のワイヤレス充電が存在していましたが、今回この台すら必要なくなるのではと予測されています。スマートな使い心地は、さらにアップすること必至です。

Appleユーザーにとって、iPhone8の新機能は気になるところでしょう。特に8では画期的と感じられるような大幅な仕様変更もいくつかささやかれています。ですがこの通り、すべてが噂通りというわけでもないようです。発売前の予測情報は、あくまで予測であるとして参考にするべきです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ