【驚愕】新しいiPhone8はLANで無線充電が可能に?!

iPhone8で他社の携帯電話よりも一歩も二歩も先に行くといわれている技術がLANで無線充電が可能になるといわれている新技術です。この技術は非常に画期的であり、もしその機能を持ったiPhoneが世に出されて便利さに驚く人が増えたのなら、大きく世界は変わるとすら言われております。果たしてその真相はどうなっているのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の謎技術、LANで充電とはいったい何?

アップルは無線充電に関しての可能性はすでに着目しており、米国特許商標庁でもアップル社から「二重周波数の平面アンテナを用いたワイヤレス充電と通信システム」という名前の特許申請がされているという公開情報が出されました。この特許が申請されたのは実は2015年であり、内容はWi-Fiの電波を使って通信以外に充電の両方ができるようになるという素晴らしい技術です。この技術以外にもワイヤレス充電に関してアップル社はなんと4つも特許申請をしているので、どれだけ本気かもわかってきます。

もともと、充電器が4~5メートル離れた場所にあってもスマートフォンを充電可能にする技術はあったのです。この技術は「WattUp」という名前が付けられているのですが、アップル社はこの技術を提供している会社と業務提携をしており、LANを使った充電機能に対して他社より一歩も二歩も先に行くことがわかってきているのです。ここまで派手な動きを見せていることで、iPhone8にはこの技術が使われるだろうと多くの方々が予想するようになりました。

iPhone8にこの技術が搭載されたらLightningはなくなる?

この技術は革新的ですし、遠距離であってもLANを使って気軽に充電ができるようになったのなら、LANケーブルなどは不要になってしまう恐れがあります。一説にはUSB-Cポートへの本格的な移行のために、無線LAN充電機能を追加したこともあってLightningはさようならとなる噂もあったのですが、まだまだそれは先のようです。

しかし、無線LANの充電が非常に革新的で、人々の生活にも大きな影響を与えるレベルになった場合、アップル社側ではそれ以外の充電ケーブルなどは同伴させないで付属品として別売りにする可能性があるかもしれません。

iPhone8は技術革新として人々にとって驚きの機能を搭載していると常々言われておりましたが、その一つに今回のようなWi-Fiを使った充電機能というものがあります。もちろん、まだ噂段階ですのでこの機能が搭載されない可能性もありますが、実際に搭載されるとなった場合は、この技術を使った関連株が一気に価値が上がること間違いなしでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ