水にもぐっても大丈夫!?iPhone8の防水レベル

スマホを使っているとうっかりやってしまいがちなミスのひとつに水没があります。観光スポットの湖などで写真を撮っていて落としたり、海でボートを浮かべていたら落としてしまったり。日常の中には他にもあらゆるシーンでスマホが水濡れしてしまう可能性があるでしょう。そんな時防水機能があると故障を防ぎやすくなるものです。ではiPhone8の防水レベルはどのくらいでしょうか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

IP67規格に適合?

まず今まで発売された中でiPhone7/7 PlusはiPhoneシリーズ初の防水防塵モデルとなっています。そのレベルはIP67規格に適合するほどで、より高い防水防塵性が認められているのです。

IP67規格には防塵等級が6段階、防水等級は8段階に分けられており、iPhone7/7 Plusは防塵等級で最高レベルの6、防水等級は7です。簡単に言うと、水深1.5mに30分間浸しても問題のないほどということになります。

ユーザーが待ち望んでいる防水対応

iPhone7/7 Plusから防塵防水対応となりとても好評であることから、iPhone8にも同じIP67規格に適合する構造になると予想されます。それに、ユーザーの多くが防塵防水を求めているため、この点でも搭載の可能性が高くなっています。

価格の安い機種では防水テープによる防水防塵をある程度実現していることもありますが、テープの場合経年劣化で機能が落ちやすくなるでしょう。そのため長く使用していると防塵防水機能が落ちていく危険性があります。しかしiPhone8はそれほど安い機種というわけではないので、まず防水テープが使われることはないはずです。

水濡れ保証はやはり対象外?

防塵防水対応となったiPhone7/7 Plusですが、真水の冷水以外は非対応となっており、温水や海水は防水しきれない可能性をうたわれています。そのためお風呂で湯船に落としたり海で落としたりすると浸水するかもしれません。

しかし浸水での故障は保証対象外とされているので、iPhone8でも同じような保証の範囲になることが想定されます。

iPhone8の防水性もiPhone7/7 Plusのように高レベルになることが予想されますが、水の温度や種類によって防水性が保たれない可能性があるので注意して使うことが必要そうです。もしさらに上レベルの防水性が実現されれば保証の範囲が広がるかもしれませんが、iPhone7/7 Plusで搭載されたばかりなのでまだそこまでは難しいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ