iPhone8に搭載されたUSB-Cポートとは

iPhoneにはもともとLightningというコネクターが採用されていたのですが、iPhone8になってからは、USB-Cポートが採用されるとの噂が出ています。ここにきて、なぜそのような変更がなされるのでしょうか。今回はその理由について考えてみます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

大容量の電源供給が可能

iPhone8のUSB-Cポートを活用すれば、大容量の電源供給が可能となります。それによって、可能となるのは高速充電などの機能です。近年は充電の時間も数時間かかるものが多いですが、それ以上に早く充電できるようになれば、利便性は格段に上昇します。それを可能とするのが、iPhone8のUSB-Cポートなのです。もちろん大容量の電源供給の他にも色々な魅力が有ります。それを考えたとき、従来のLightningでは難しい面も出てきたというところでしょうか。iPhoneシリーズの顔ともなっていたものですが、今後は違った形となることが予測されます。その点はあらかじめ購入前に確認しておくことをおすすめします。この噂が本当であれば、今まで使ってきた古参ユーザーがどう感じるかが肝となりそうですね。

圧倒的なデータ通信スピード

iPhone8のUSB-Cポートでは、圧倒的なデータ通信スピードを誇ると言われています。そのため、ラグなども生じることなくスムーズなデータ通信が可能となるのです。スマホ全体の利便性にも関わってきますし、ネットなどの快適性にも関わってきます。それを考えたとき、従来のものよりもiPhone8のUSB-Cポートの方が良い機能だと言える場合もあるのでしょう。スマホは利用者も増加する一方で、近年はデータを管理する媒体としても活用している方が多くなっています。そうなった場合、やはり圧倒的なデータ通信スピードを誇るiPhone8のUSB-Cポートは、利用者も多くなるでしょう。今後のことも考えた結果の採用だと言えるかもしれません。

裏表関係なくスムーズな挿入

USB-Cポートが採用されれば、裏表関係なくスムーズに挿入することが可能となります。従来のものは、裏表があるコネクターだったため、挿入する際にストレスを感じていた方も少なからずいました。またコードのクセなどもあるため、向きが一方向だとやはりそのクセも強くなってしまいます。それに比べてiPhone8のUSB-Cポートであれば、裏表関係なく挿入することが可能です。それはちょっとしたことかもしれませんが、日常的に使う場合は利便性にダイレクトに関わってくるものだと言えます。

全体的に今後の利便性を考えた結果、このUSB-Cポートの採用となったと言えるでしょう。これから利用する方は、その点も重視して選んでみると良いのではないでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ