【話題】新型のiPhone8、重さやサイズはこうなる

iPhone8について、どれくらいの大きさでどれくらいの重さになるのか、予想されています。重さは、持ち歩くときに思いか軽いかの基準となります。iPhone8は持ち歩いても使いたいものですから、重さは気になるところです。また、サイズは、片手で操作できるかどうか、という判断もできます。ここでは、今までのiPhoneの機種から、iPhone8の重さやサイズを予想してみます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

今までのiPhoneの重さとサイズ

今までのiPhoneは、どれくらいの重さとサイズだったのか、改めてみていきます。iPhone6Sは、重さ143グラム、高さ138.7ミリ、幅67.1ミリ、厚さ7.1ミリでした。iPhone6sPlusは、重さ192グラム、高さ158.2ミリ、幅77.9ミリ、厚さ7.3ミリでした。iPhone7は、重さ138グラム、高さ138.3ミリ、幅67.1ミリ、厚さ7.1ミリでした。iPhone7Plusは、重さ188グラム、高さ158.2ミリ、幅77.9ミリ、厚さ7.3ミリでした。iPhone6Plusは、この中では一番重いです。

iPhone8の重さ

iPhone8の重さは、どれくらいと予想されているのでしょうか。iPhone7が138グラム、iPhone7Plusが188グラムで、この間くらいになるのでは、と予想されています。あるいは、iPhone8の本体機能でいろいろと予想されている通りになるなら、もしかするともう少し軽くなるかもしれません。曲がる本体が実現されるとなると、今までとは比べ物にならないくらい、軽くなるかもしれませんね。

iPhone8のサイズ

具体的に、iPhone8のサイズはきっちりと予想されていました。高さ143.59ミリ、幅70.94ミリ、厚さ7.57ミリです。厚さについては、これは有機ELディスプレイが採用されないという前提での予想です。もしも、有機ELディスプレイが採用されるとなると、もっと薄くなるはずです。有機ELディスプレイを採用するには、まだまだ課題があるので、iPhone8では難しいということでしょうか。幅が、iPhone7Plusよりもかなり狭くなっているという予想が、面白いですね。

どんなものがでてくるか、まだわかりません。それだけに、いろいろな考え方が出てきます。iPhone8は、いろいろな人が使うものとなるので、重すぎず幅が広すぎず「ちょうどよい」という範囲に収まるくらいの重さとサイズができるといいものですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ