iPhone8が薄くなる理由はOLEDにあった

iPhone8は今後開発が予定されていますが、従来よりも薄くなると予想されています。その理由としてはOLED、通称有機ELディスプレイが挙げられています。iPhone8の規格外の薄さを実現すると言われている有機ELディスプレイとは何なのかを抑えておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に搭載されるOLEDとは

OLEDとは、有機ELディスプレイともいわれており、電圧をかけると発光する物質を利用したディスプレイのことです。発光体をガラス基板にうつし、5から10ボルトの極わずかな直流電流をかけることによって表示を行います。有機ELディスプレイとは発光体にジアミン類などの有機物を使うことからその名がつけられています。従来のディスプレイよりもはるかに薄くすることができますし、場合によっては曲線の端末を作ることもできます。

これがメリット、有機ELディスプレイの特徴

iPhone8に使用されるのではないかといわれている有機ELディスプレイは、何よりも薄さが魅力です。従来のディスプレイより薄くなり、iPhone8では本体4ミリの薄さが実現するのでは、と言われています。また、加工がしやすいのも有機ELディスプレイの特徴です。そのため淵の部分をなくした全画面表示はもちろんのこと、フレキシブル有機ELディスプレイを使ったら、曲線の美しいボディの端末も作ることができます。

有機ELディスプレイの機能性とは?

OLED、すなわち有機ELディスプレイは薄さやデザインだけでなく機能性も向上すると言われています。使用する電力の量が少ないため、よりバッテリーを長持ちさせることができます。そして発色が良く、現在ではテレビなどにも利用されているくらいです。屋外の使用に弱いなどのデメリットも見られましたが、現在では技術が進んでおりそのようなことはありません。有機ELディスプレイは非常に高価な物質であるため、iPhone8の端末価格もやや上がるのではないかと言われています。ですが、そのようなデメリットを考慮しても、ファンにとっては使い勝手の良さと充電の長持ち、流れるようなフォルムの実現などからその登場が待ち望まれています。

OLEDとは有機ELディスプレイともいわれ、iPhone8に搭載されることが濃厚になっています。美しいボディや4ミリという薄さを実現できるだけでなく、バッテリーを長持ちできたり発色が良くなるなど機能性の観点からも期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ