ホームボタンがiPhone8でなくなった理由

iPhone8の本体や機能についていろいろと考えた場合、ひとつの可能性としてホームボタンがなくなっていることです。ホームボタンがなくなっているというのは、どういうことなのでしょう。ホームボタンがなくなっていると、今まで使っていたホームボタンという機能は、一体どこに行ってしまったのでしょう。iPhone8の機能について、ホームボタンという観点から考えてみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ホームボタンの機能

ホームボタンというのは、画面の外にあるボタンのことです。画面外、下側の中央にある白いボタンです。このボタンを押すと、ホームという画面にすぐに戻ることができます。アイコンが並んでいる始めの画面です。ホーム画面のことですね。何かの作業をするときでも、ここからスタートします。画面いっぱいに表や画像が広がっていても、ホームボタンひとつでホーム画面に戻れるという、とても便利な機能のひとつです。

ホームボタンの使いにくいところ

iPhone7では、ホームボタンを押すと振動があります。カタカタと音もします。感圧式というものです。今までは、こうではありませんでした。iPhone7の感圧式は、カスタマイズができます。設定からセレクトすれば、振動のレベルを下げることができます。これで、なんだか気になるカタカタは解消されます。設定し直さないと、カタカタが少し気になるなと思いながら使うことになります。わずかな音や振動は、人によってはストレスなので、カスタマイズして振動のレベルを落とします。

iPhone8でなくなったホームボタンはどこに?

ホームボタンが画面の外からなくなったということは、どこに行ったのか考えてみました。それは、画面の中に入ってしまったということです。iPhone8では、ホームボタンが画面の中にあるという状態が標準になっているのです。ホームボタンを画面の中で操作するようにするのは、実はiPhone7でも可能です。設定からカスタマイズする必要があります。iPhone8では、中に入っている方が標準装備です。ホームボタンがなくなったことによって、iPhoneの本体デザインがスッキリします。

iPhone8では、ホームボタンはなくなっています。驚きですね。つまり、今までにはないデザインになっているといことです。かなりすっきりしていると考えられます。画面は、少し大きくなるとも考えられます。ホームボタンがなくなると、今までシールなどで可愛くカスタマイズしていた人はどうするでしょう。iPhone8ではホームボタンではない場所をカスタマイズして、自分らしい本体にすることです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ