iPhone8、Lightning廃止しUSB Type-C採用か

iPhoneには、他の機器とiPhoneをつなぐLightning端子が搭載されています。ですが、新しく発売されるiPhone8では、Lightning端子を廃止してUSB Type-Cアダプターが搭載されると言われています。USB Type-Cアダプターとはどのようなものか、どのように変わるか知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのLightning端子は廃止されるの?

iPhoneにはパソコンや充電器など他の端末とiPhoneをつなぐ役割のあるLightning端子が搭載されています。しかしながら、最近リークされてきたiPhone8の情報としては、iPhone8のLightning端子が廃止されるのではないかと言われています。iPhoneとパソコンなどの機器を直接つなぐことができなくなるのではなく、直接つなぐために別の機器、USB Type-Cが搭載されるという情報があります。

iPhoneのLightning端子はなぜUSB Type-Cに変わるの?

iPhone8には今までLightning端子が搭載されており、iPhoneに付属する充電や同期をするためのケーブルは、iPhone側のLightning端子と付属充電器やパソコンに接続するためのUSB-A端子で構成されていました。しかしながら、Apple社はUSB-Cの規格をさまざまな製品に採用しており、特徴的で実用的なMacBookシリーズでさえも、MagSafe電源コネクターを廃止してUSB Type-Cを採用しています。そのため、iPhone8についてもそのようにするのではないかという憶測が広がっています。

iPhone8でLightning端子が廃止されるとどう変わる?

iPhone8では、iPhone7と同じく防水性能を上げるためイヤホンジャックが廃止されることが濃厚になっています。そのため、それ以外にLightning端子まで廃止されると、Lightning端子対応のイヤホンなどで音楽を楽しむユーザーにとっては混乱するかもしれません。ですが、Bluetoothイヤホンも普及していますので、そこまで影響はないかもしれませんし、前々からそのような傾向があるのでスムーズに受け入れられるでしょう。

iPhone8では、他のApple社製品の規格と合わせるように、Lightning端子を廃止して、USB Type-Cコネクタに変更するのではないかという予想があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ