【原点回帰?】iPhone8、Lightning廃止でUSBへ

iPhone8の発売が迫ってきていますが、iPhoneのトレードマークであるLightningコネクタがiPhone8からUSBに変わる情報が流れています。いままでiPhoneで使われていたLightningがUSBに変わるのは機能を重視してなのかもしれませんが、この情報に一部のiPhoneファンは戸惑いを見せています。あくまで発売前の情報ですが、USBとLightningでは何が違うのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Lightningとは?

Lightningは端子が小さく表裏を気にせず接続することができます。そして、このメリットは小ささとなり、従来のサイズよりもコンパクトにサイズを抑えることにより、より手軽にiPhoneを持つことが可能です。接続も裏表関係なく接続できるためいちいち確認する手間もいりません。

開口部がちいさくなったためハードウェアの自由度も増しました。流れる信号はデジタル信号のみでアナログ信号は受信できませんが、技術の進歩のため互換性を切り捨て、あえてこのようなことをしました。そのためLightningはiPhoneの一つの魅力であり、特徴でもあります。

なぜ廃止になるの?

Lightningは小さいためのメリットもあるのですが、Lightningは値段が高いところがネックです。高い割には耐久性もそこまで強くないため、一部のiPhone使用者からは苦情もあります。また、Lightningは同じiPadとかとは端子が同じため接続できるのですが、Macと接続することは出来ず、同じApple製品なのに端子が使えないのも不便だと言われています。

iPadとiPhoneには使われているLightningですが、Macのように同じメーカでケーブルなどが使えないという問題を解決するため、今回のiPhone8でLightningは使用せず、廃止する理由なのではないかと思います。

USBになるとどうなる?

もし、iPhone8でUSBが使われるようになるとどうなるのでしょうか。まずは、Macで使われているものはUSBですので、同じものとしてケーブルなどを使うことができるようになるかもしれません。そうなると、MacはMacの専用のケーブルでiPhoneはiPhoneの専用のケーブルでとう面倒くささは改善されます。

AppleではMacの製品も増えてきているので、iPhone8からUSBに変えることで、充電などの機能も便利になるかもしれません。しかし、今までのiPhoneはLightningを使用しているため、そのケーブルは使用できなくなるなどのデメリットも出てくるかもしれません。

iPhone8からLightningではなく、USBに変わる可能性は高いかもしれません。そうなると、Macの商品とは相性が良くても、今まで使ってきているiPadとは不便になる可能性が出てくるので、MacかiPadどちらを良く使うかによって、便利か不便かわかれると思います。しかし、USBに変わることで、より多くの機能が良くなることも期待できるので、iPhoneがどう変わっていくのかも楽しみです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ