iPhone8で実現する近未来型キーボード

ガラケーからスマホに変えたばかりの人に多い感想に、ボタンがタッチしづらいというものがあります。ガラケーではデコボコの感触で押すことができましたが、スマホは場所を見てタッチしないと反応してくれないなどの不便さを初めの頃は感じがちです。

そんなスマホのキーボードを使いやすく一新してくれる近未来型とも呼べるキーボードをiPhone8では搭載される可能性があるとのウワサが流れています。ではどのようなキーボードになるのかウワサをまとめてみます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

レーザーキーボードが搭載される?

iPhone8に搭載されるのでは、といわれているのが「レーザーキーボード」。これはその名の通り、レーザーを使ってキーボードを投影させて使うものです。SF映画みたいな空間にレーザーで表示してタッチするところまではいきませんが、机などにレーザーでキーボードを投影して使う形になっています。

これなら小さなスマホのディスプレイを指でちまちまタッチすることなく、パソコンに近い感覚で使うことができそうです。

折り畳み式が好評だからとも

レーザーキーボードを搭載するには、スマートフォン自体で立てておくことが必要になるでしょう。そのためにはガラケーのような折り畳み式が便利で、しかも手帳型のスマートフォンが好評であることからiPhone8は再び折り畳み式が復活するのではないかといわれています。予想されている形はスマホの液晶画面真ん中で折れるような形なので画面がやや心配になるところですが、伸ばすとキレイにまっすぐな画面になると期待したいです。

折り畳み式の可能性は他にも根拠があり、apple社が折り畳みに関する特許取得をしたからとも言われています。確かにこのタイミングでの取得であれば、iPhone8への搭載のためと考えたくなります。

それから現在のスマホはほとんど折り畳み不可能で、立てて置くには支えがなくては不可能でしょう。人気の手帳型もあわせられることでより人気が出そうなので、やはり折り畳み式も同時に採用される可能性は高そうです。

スマートフォンでのキーボードを使った作業効率がアップするであろう「レーザーキーボード」の採用はぜひ期待したいという人が多くなっています。しかもiPhone7からiPhone8へはフルモデルチェンジするとのウワサもあるので、よりレーザーキーボード搭載の可能性は高いと言えるでしょう。あわせて折り畳み式スマホという新しい機能も採用されるかもしれないので、iPhone8は今までにないスマホになるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ