iphone8の本体価格が高い理由

iPhone8は2017年というiPhone発売10周年のメモリアルイヤーに発売される新機種です。デザインも機能も刷新されるためその価格が10万円を軽く超えるものだと考えられます。なぜiPhone8がそんなに高くなるのか考えてみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の値段はどれくらいになるの?

iPhone8の価格はいろいろな説があります。企業金融のアナリストによると、iPhone8の値段については、安いもので870ドル、最も高いもので1070ドルということになります。これを日本円に直すとiPhone8の価格は一台10万円から12万円程度で推移すると考えられます。また、Appleの噂を扱う大手サイトによると、iPhoneの価格についても11万円と12万円のモデルがあると言われています。iPhone7からすると1万円から3万円程度の値上げになります。

iPhone8が高価になる理由とは?

iPhone8がこれまでの端末と比べて高価になるのはいくつかの理由があります。まず、材質の違いです。比較的高く大量生産に向かない有機ELディスプレイを搭載しています。有機ELディスプレイには高い技術が必要ですので、量産に向かないこともiPhone8が高価になった理由の一つです。
もう一つは、デュアルカメラが搭載されていることです。かなり精巧なカメラになりますので値段が上がることが予想されています。加えて、大容量バッテリーを搭載したり大容量ストレージを備えているモデルはその分値段が上がります。

これからのiPhoneの価格はどうなる?

これからのiPhoneの価格はパソコンと同じような最新機能を備えていることもあり、パソコンと同じようになるかそれ以上の値段になるかもしれません。1台当たり10万円程度と計算しておいてよいでしょう。さらには、円安ドル高が進行していますので、日本に輸入されてくる時点で値段が上がってしまいます。そのため、今後販売が見込まれる新しいiPhoneシリーズはリリースの時点で10万円を超えるようなものも少なくないでしょう。

iPhone8には、有機ELディスプレイや大容量ストレージを搭載しているため値段が高くなることが予想されます。iPhone8が発売されると、大体1台当たり10万円から12万円程度の値段が付くと思われています。特に円安ドル高も進行していますので輸入する時点で値段が上がる傾向にあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ