iPhone8の形は?フレキシブル有機ELディスプレイはあり得る?

よりコンパクトになってきたiPhoneシリーズですが、次回作となるiPhone8はさらに新しい形で登場することが期待されます。iPhone10周年の節目の年なので、その期待は一層高まるでしょう。そんなiPhone8にはフレキシブル有機ELディスプレイが採用される可能性が出てきましたが、可能性は高いのでしょうか?ここではiPhone8のディスプレイについてウワサをまとめていきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELディスプレイは有力?

フレキシブルかどうかはさておき、有機ELディスプレイの搭載はかなり有力視されています。なぜならapple社がサムソンへ大量のディスプレイパネルを注文しており、それがiPhone8用と言われているからです。有機ELディ数例が採用されれば今まで以上にきれいな画面が叶うことでしょう。

有機ELディスプレイによるベゼルレス化されたディスプレイで、さらに曲面になっているという説もあがっています。iPhone8の本体がだ円の円柱のような形をしているボディになるのでは?ということです。ディスプレイが側面にまでのびているという説もあるくらいなので、iPhone8はかなり大きなディスプレイになることも期待できそうです。

フレキシブルも可能性としてはあり?

フレキシブルとは、ぐにゃぐにゃと曲げられることをさしますが、iPhone8の画面をそのように曲げることができるようになるというウワサも流れています。画面が柔らかく好きなように曲げられるのなら、本体自体も同じように曲げられるはずですが、バッテリーまで曲げられる必要性がでてきてしまいそうです。

それならフレキシブルの可能性は低いのでは?と思うかもしれませんが、折りたためるiPhoneを期待されているということで二つ折りのiPhone8になる可能性もあります。すると、スマホを二つ折りにもすることができる柔らかいディスプレイが必要になるため、フレキシブルの採用可能性は全くないとは言い切れないのではないでしょうか?

発売が待たれるiPhone8ですが、そのディスプレイには有機ELディスプレイが採用される可能性はかなり高く、でもフレキシブルになるかどうかはまだはっきりとわからないところでしょう。フレキシブルが叶うのなら、iPhone8の形も従来のような折りたためないまっすぐな本体ではなくガラケーのように二つ折りにすることもできそうです。その場合iPhone8とガラケーとの違いは、ディスプレイごと二つ折りにできる点となるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ